プナルウ黒砂海岸(プナルウ・ブラック・サンド・ビーチ) / ハワイ島

スポンサードリンク
基本情報

プナルウ・ブラック・サンド・ビーチ / Punaluu Black Sand Beach

概要
ハワイ島地図

南の島のビーチといえば白い砂浜!しかしハワイ島では、コハラ・コースト以外の地域では白砂は殆ど見かけません。白砂よりも黒砂のビーチの方が多いのではないでしょうか。

この黒い砂の正体は溶岩。黒い溶岩が砕けて細かくなり、黒砂が作られているのです。

幾つもある黒砂のビーチの中でも、プナルウ黒砂海岸は特に日本人に人気。しかし、皆さんのお目当ては「黒砂のビーチ」ではなく、ビーチで甲羅干しをしているウミガメさん。

いや、でもね。黒砂も綺麗なんですよ。カメだけでなく、その辺も注目してみて!

白・黒・緑色の3色の砂

白い砂と黒い砂。

ハワイ島には、その他にグリーン・サンド・ビーチという名所があり、そこにはその名の通りのオリーブ色の砂があります。ペリドットの原石でもあるカンラン石が砕けて細かくなり、こんな色のビーチができました。

1つの島の海岸に3色も砂の色があるなんて、ハワイ島って奥深いですよね。白砂以外は、火山の島だからこそ成せる風景なんです。

白・黒・緑色の3色の砂

駐車場に車を置き外へ出ると、奥に砂浜、手前にゴツゴツとした岩場が広がっています。観光客はまばら。

時々、島内一周ツアーなどのバスが来て、ドカっと人が増えますが、すぐに去ってしまいます。何やら忙しない。

この海、見た目は地味以外の何ものでもないので、ゆっくりしていかないと、その素朴な良さは味わえず、目当てのウミガメすら見つけられないかもしれないのですが…。ツアーで来た方々は「こんなものか」と思ってしまうかもしれませんね。

黒砂は波に洗われると、本当に真っ黒で綺麗なんですよ。そして、海の色がとても青々しているのが印象的でした。

波がザバーン

この写真は、駐車場から見て右手にある岩場で撮ったもの。波が荒々しいですね。 岩に叩きつけられた波が、飛沫をあげる様子は迫力あります。海の色といい、「日本海っぽい!」と思ってしまうのは私だけでしょうか?

さて、お目当てのウミガメはどこにいるのでしょう?全く見当たりません。今日はいないのか??

しかし、海をじーーーっと見ていると、岩場によじよじと登っている1匹のウミガメがいるではありませんか!(かなり興奮)

そばに寄ってみると、ウミガメは海中で何やらゴソゴソとやっています。よく見ていると、岩に付いている海草を食べているようでした。

待っていても、なかなか顔をあげてくれません。10分くらい見ていたのですが、頭を上げたのは2~3回。もっとお顔を見せて下さいな。

海の中でゴソゴソするウミガメ

海の中でゴソゴソするウミガメ

時々顔をあげるウミガメ

時々顔をあげます

結局この時、ウミガメを見たのはこの1匹だけでした。普段は砂浜で日光浴しているウミガメがたくさんいると聞きますが…。私達が行ったのは午前10時頃。午前中はカメさんたちのご飯タイムなので、砂浜には来ないんですね~。

2001年9月, 2002年9月

甲羅干しのウミガメ

2005年9月、駐車場からビーチを眺めると、岩なのかカメなのか丸っこい物体が見えました。砂の色とちょっと違うので、違和感があります。「もしかしてカメ!?」

期待しながら近づいて行くと、やっぱりウミガメでした。やっと会えた!

寝そべるウミガメ

寝そべるウミガメ

居眠りするウミガメ

居眠り中でした

ちなみに、ウミガメ達を含めてカメ全般が甲羅干しする目的は日光浴。雨の日はもちろんのこと、曇りでもその姿が見られない可能性があります。また、日光浴の時間帯は午後になります。

甲羅干しのウミガメを目的にプナルウ黒砂海岸に行くのならば、その点は考慮しておいて下さいね。

ガイドブックでは「ウミガメと言えばプナルウ黒砂海岸!」みたいなところがありますが、個人的には、ウミガメを見る場所としては、ワイコロア・ビーチ・リゾート内のAベイを推します。行きやすい場所というのが一番の理由。お買いものついでに行けますし。

正直、カメのためだけに、このビーチまで足を延ばすのは得策ではありません。コナやコハラ・コーストから遠すぎるんですよね。ボルケーノへの移動途中に寄るのなら良いのですが。

2005年9月
スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME

サイトご利用上の注意