今のハワイ島は本当に楽しめるの?レイラニエステイト噴火後の状況(2018年7月) クマ流指南

レイラニの噴火

2018年7月のハワイ島の様子を報告

2018年5月、居住区であるレイラニ・エステイトから噴火が起こり、日本でもかなり話題となりました。ハワイ島の観光スポットの一番のキモであるハワイ火山国立公園も、殆どの部分が閉鎖されています。7月には溶岩ボートツアーで重傷者が出る事故も起きてしまいました。

今、ハワイ島は楽しめるのか、楽しめないのか? 危険なのか、危険じゃないのか?

はっきりしていこうではありませんか。

現在のレイラニの噴火の状況については下記をご覧下さい。

目次

スポンサードリンク

2018年7月のハワイ島の様子

いきなり総括!

楽しめた?

正直今回は、天候がイマイチなうえ、VOG(火山性スモッグ)の影響で空が白んでいたりと、全体的にあまり状態が良いとは言えないハワイ島でした。それでも。

心から楽しめた。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!! ハワイ島サイコー!!

一番の観光スポット、キラウエア火山が閉鎖中だって?そんなもん、なんぼのもんじゃい!代わりに新たな発見もあり、いつも以上に時間が足りなくなりましたよ!

キラウエア火山(国立公園)は、山頂の地震と崩壊が落ち着けば、そのうちいつでも観光できるようになるでしょう。今だけしか見られないものを見る!今のハワイ島に行く理由は、これに尽きます。

噴火による危険は?

現在、亀裂8(レイラニ・エステイトで活動中の噴火口)から流れ出ている溶岩は一定の場所に流れています。そのため、溶岩流による危険は、どの地域でも全く感じません。レイラニ付近でも然り。その辺りまで行くと、より溶岩流に近づきたくなってしまうくらい。

ただし、噴煙(火山ガス)には気を付けて!

プナ地区の130号線を南下する際は、車の窓を開けてはいけません。外気も入れないなど注意が必要です。

窓は開けちゃダメ(130号線)

窓は開けちゃダメ(130号線)

上記のような案内がない場所でも、風向きによっては火山ガスが流れてくるので油断しないように。レイラニから結構離れた場所でも、少し窓を開けただけで、すぐさま硫黄臭が鼻につき「これはヤバイやつ!」であることを確認しました(;・∀・)

VOG の状態

場所によっては VOG(火山性スモッグ)が気になります。

噴火口付近でなければ、健康に問題がある程の VOG は体感しませんでしたが、空が白むという意味では気になりました。

影響が出そうな地域を調べるにはVOG予測をチェックしてみて。また、貿易風の吹き方によって影響を受けるエリアは変わります。Windyによって、ハワイ島の基本的な風の流れがイメージできるようになるでしょう。

参考サイト

より楽しむために

ハワイ島のヒロ方面(東側)を中心に観光することで、より楽しめるでしょう。

  1. VOG の影響が殆どない

    ヒロ、ワイピオ渓谷、ハマクアコーストなどハワイ島の北東部は、位置的に VOG の影響を受けづらいので観光スポットとしてオススメし。カイルア・コナとそれ以南(特にハワイ島の南西部)は影響を受けやすいため、空が白んでいてガッカリするかも。

  2. 亀裂8(噴火口)から近い

    夜間、レイラニ付近の空は燃えるように赤く染まる。天気が良い日は、ヒロからでも赤い光が見えた。これは今だけの現象かもしれないので貴重!ヒロに拠点があれば、噴煙の見学もしやすい。

今のハワイ島をオススメできる?

オススメできる人

  1. 溶岩を見たい方 & 火山好きな方

    溶岩がたくさん流れている今、行かなくてどうするの

  2. ハワイ島リピーターさん

    今回のハワイ島はひと味違います!

  3. ハワイ島に行きたいけど、不安で躊躇している方

    恐らくその不安は、取り越し苦労に終わるでしょう

  4. 冒険野郎

    現在の激動のハワイ島は冒険好きにはピッタリ

あまりオススメできない人

  1. 呼吸器系疾患などの持病のある方

    場合によっては、VOG の影響で体調を崩してしまうことがあるかもしれません。

  2. 南国ならではの青空を重要視する方

    VOGが漂う白い空に萎えて欲しくないので…

以上、総括でした。詳細は下へつづきます。

スポンサードリンク

各地域ごとの感想

下記項目では主に VOG の影響や天候について記載していますが、ごく短期間(1週間)の滞在による感想であることにご留意ください。

カイルア・コナ Kailua-Kona

空が白い…

旅行中、3日間コナ方面を訪れましたが、青空は全く見られませんでした。雲が多く判断がつきにくい天候でしたが、この白さは VOG です...(ノД`)

VOGで霞むフアラライ山

VOGで霞むフアラライ山

コナで夕陽を見たかったのですが、こんな白いんじゃ諦めた(´・ω・`)

レイラニで噴火が起こってから2か月くらいの間、VOG予測をちょこちょこ確認していましたが、カラースケールは黄緑色(許容範囲)であることが殆ど。完全にクリアになる日はあまりなく、まあまあ想定内。とはいえ、思った以上に白かったです。天候のせいもあるけど。

なお、一緒に旅行した姉は空気の悪さに敏感な体質ですが、特に問題なく過ごせていました。


サウス・コナ South Kona

2日連続でキャプテンクックへ。両日とも空は白んでいました。カイルア・コナが白く霞んでいる時は、こちらもまずダメでしょうね。

コーヒーシャックからの景色

コーヒーシャック(キャプテンクック)より

サウス・コナは午後から雲がでてきますが、到着したのは12時過ぎ。早朝はどうだったんだろう。そこんとこ大事なのに確認できませんでした。


ヒロ Hilo

ヒロには4泊しました。ここは以前と何ら変わりありません。

コナに比べれば、レイラニの噴火口から近いので VOG の影響がありそうなのに一番ない。ヒロが噴火口よりも風上に位置しているためです。たまに貿易風が弱くなることがあり、そんな時は他の地域から VOG が回り込んでくることはありますが。

快晴のヒロ

快晴のヒロ

このハワイらしい青空!もちろん雨が多いヒロなので天候が崩れることも多いですが、現在のハワイ島は、ヒロへの滞在を増やすと楽しくなります。


マウナラニリゾート & ワイコロア Mauna Lani Resort & Waikoloa

マウナラニリゾートには3泊しました。毎朝快晴でしたが、青空の抜け方が何だかもの足りない。VOG の影響を若干受けていたかもしれません。そして、お昼頃になると雲が出てきてしまうというパターンが毎日続きました。雲が多いため、美しいビーチは拝めず。

マウナラニリゾート

早朝のマウナラニリゾート

午後から出てきた雲は夕方までずっと居座り続けましたが、綺麗な夕暮れは見られましたよ!

フェアモントオーキッドハワイにて

フェアモントオーキッドハワイにて

コハラコーストの VOG はコナより全然マシ。VOG予測を見る限り、北上するほど影響を受けづらくなり、ハヴィ、ポロル渓谷まで行けば殆ど影響はないでしょう。


マウナ・ケア Mauna Kea

オニヅカセンターは青空がクッキリ!めちゃ綺麗。

マウナケア(オニヅカセンター)

マウナケア(オニヅカセンター)

マウナケアは基本的に VOG の影響を受けづらい位置にありますが、予測では黄緑色のカラースケールに覆われるのを時々目にします。日程に余裕があるのならばVOG予測を確認したうえで訪れることをオススメします。

ハワイ火山国立公園の閉鎖の影響?

夕方のオニヅカセンターは観光客で超激混み。火山が見られないので、こちらに押し寄せている感じかな。

オニヅカセンターの駐車場

観光客用の駐車場

オニヅカセンターの手前のスペースが駐車場(115台分あるらしい)として開放されていたのですが、すぐに満車状態に。行くならお早めに。


プナ地区 Puna

3日間、プナへ出向きました。レイラニ付近はいつも雲に覆われていて天気が悪い。そして夜は噴煙で空が赤い!これは、マグマの光に照らされた噴煙や雲が赤く光る「火映」という現象です。

130号線

130号線(カラパナへ続く道)より

プナはもともと治安があまり良くありません。レイラニの噴火によって荒んでしまったこの状況では、ますます悪化していてもおかしくないので、かなり気を使いました。

VOG の影響はプナの中でも場所によって全く異なります。影響を受ける場合は健康を害するレベルの空気になる点に注意。

おすすめの観光

キラウエア火山の代わりに、特にオススメしたいのが下記の2箇所。そして、ヘリツアー!また、レイラニの亀裂8の噴煙(火映)の見学については、下記ページにて紹介しています。


ハワイ火山国立公園 / カフク・ユニット

営業時間

水曜~日曜日:9:00~15:00 / 月~火曜日:休業

入園料ナシ

nps.gov

Google Maps

レポート未作成。近々作成予定です。

現在、ハワイ火山国立公園の中で唯一オープンしているカフク・ユニット。マウナロアの南西側の麓に広がっています。場所的にはナアレフになるんですね。初めて訪れましたが、めちゃめちゃ楽しめました!

ハワイ火山国立公園(カフクユニット)

ハワイ火山国立公園(カフクユニット)

緑に覆われたプウ・オ・ロクアナ・シンダー・コーン(スコリア丘)が美しい!

これを登るルートも含め、プウ・オ・ロクアナ・トレイルを歩きましたが、変化に富んだ素晴らしい景色を堪能できます。正直、今までに歩いてきたハワイ島のトレイルの中で一番楽しかった!

プウ・オ・ロクアナ・シンダー・コーンの山頂

プウ・オ・ロクアナ・シンダー・コーンの山頂より

プウ(スコリア丘)の断面

山頂の火口(?) プウ(スコリア丘)の断面

山頂まで行くと、プウ(スコリア丘)の赤い断面を見ることができます。火口なのかな?と思っていましたが、採石による人為的な断面なのだそう。

早川由紀夫 先生、誤った情報へのご指摘ありがとうございます。

緑の山から一転、今度は溶岩大地の中を進みました。まるで、キラウエア火山のトレイルを歩いているかのよう。キラウエアが閉鎖されている今、この感覚はとても嬉しい。

プウ・オ・ロクアナ・トレイル

プウ・オ・ロクアナ・トレイル

ハワイ火山国立公園は、カフクユニットだけでも十分満足できました。というか、今まで何で行かなかったんだろうと悔やまれるレベルであります。

キラウエア火山のトレイルを楽しみにしていた方は、是非ともこちらに足を伸ばしてみて!


マウナケアの夕陽と星空

ここで紹介するまでもないけれど、やっぱりコレです。マウナケア!

今回山頂ツアーには参加せずに個人的に訪れましたが、オニヅカセンターからの夕陽と星空だけでも十分満足できました。

プウに登って夕陽鑑賞(プウ・カレペアモアにて)

プウ(プウ・カレペアモア)にて夕陽鑑賞

オニヅカセンターにて星空観測

オニヅカセンターにて星空観測(左隅にレイラニの赤い光が写っている)

プウを登るトレイルも幾つかあるので、それらに挑戦するのもよし!下記は、今回とは別のプウに登ったリポートですが、参考になるかと思います。


ヘリコプターツアー

亀裂8 そのものを眺めるには、やはりヘリツアーでしょう!

利用したのは、ブルーハワイアンヘリコプターズ。選択したツアーは、ヒロ空港発の「サークル・オブ・ファイヤー・プラス・ウォーターフォールズ」です。

レイラニの噴火口(亀裂8)

亀裂8(レイラニの噴火口)

天候が悪く、亀裂8 は雲に隠れてしまって思う存分楽しめませんでしたが、ちょっとだけでも見られてよかった…!

オーシャンエントリー

オーシャンエントリー

今回参加したツアーの動画です。2機に分かれて3人で撮ったものを合作。

アロハブリーズ用 プロモーションビデオ(ダンナ 作)

ブルーハワイアンヘリコプターズについての詳細は下記へ。

次の指南はコチラから

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME