ハワイ島の観光スポットランキングを勝手に作ってみた!2017 クマ流指南

選抜

2017年バージョン!

ハワイ島のことを調べる時間がない方、調べるのがイヤだという面倒くさがり屋さん、答えるのが面倒なワタクシめのために、ハワイ島の観光スポットランキング(自然編)を作ってみました。

なお、このランキングはアクセスのしやすさも含めて総合的に判断しています。また、直近の旅行内容にかなり影響を受けるため、偏りがあります。

2017年10月更新

目次

スポンサードリンク

お好みはどれ?

ハワイ島の観光スポットランキング

  • ベスト10はコレだ!

解説

キラウエア火山(ボルケーノ)

キラウエア火山(ボルケーノ)

キラウエア火山(ハレマウマウ火口)

不動の一位。たとえドロドロ溶岩が見られなくても。

キラウエア火山は、ハワイ島の象徴。コレを見なくてどーする!

火山観光はカルデラだけでなく、カルデラから海へ向かう道「チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」を絶対に見て欲しい。短時間のカルデラ観光だけではキラウエアの本当の良さが伝わってこないんですよね。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード

スポンサードリンク


マウナケアで夕陽と星空鑑賞

マウナケア

マウナ・ケア山頂

夕陽と星空の美しさは圧巻。テレビでも感動的に紹介されるため、キラウエア火山よりもマウナケアに興味がある方も多いはず。

ここは、大自然と最新科学技術の共存する場所。赤茶色の山頂に建ち並ぶ各国の望遠鏡群は、普通ではお目に掛かれない光景です。宇宙が近い。そんな感覚を味わえる。

マウナケア山頂の望遠鏡(CFHT)

望遠鏡 Canada-France-Hawaii Telescope (CFHT)

日本人に大変人気なので旅程が決まったらなるべく早めにツアーの予約を取ろう。なお、ツアーの日にちを決める際には月齢に注意して。詳しくは下記のレポートを参考に。


カイルア・コナ & コハラコーストの夕陽

カイルア・コナ(コナ・イン・ショッピングセンター)

カイルア・コナ(コナ・イン・ショッピングセンター)

コハラコースト(アナエホマル・ベイ(Aベイ))

コハラコースト(アナエホマル・ベイ(Aベイ))

南国の海で眺める夕陽ってイイ。夕陽をバックに家族や友人達とのんびり過ごす人々の姿にも、ほんのりと幸せを感じられます。

ハワイ島ではカイルア・コナの夕陽が有名。だけど、コハラコーストも素晴らしいので、ぜひ両方見て欲しい。

フォトジェニックな場所として、コナはコナ・イン・ショッピングセンター、コハラコーストはアナエホマル・ベイ(Aベイ)を挙げておきます。

また、2017年に初めて訪れてみましたが、マウナラニリゾートにあるフェアモント・オーキッド・ハワイの広くて美しい芝生のお庭で眺める夕陽もオススメ。

フェアモント・オーキッド・ハワイより

フェアモント・オーキッド・ハワイより


サウスポイント

サウスポイント

サウスポイント

十数年前に一度ツアーで行ったきりだったけど、2017年に久々に行ってみたら凄く良かったのでランクイン。

サウスポイントロードのドライブ、果てしない海を眺めること、強い風に吹きつけられること、全てが心地良い。地球のデカさを感じられる。


マウナラニでスピリチュアル巡り

カラフイプアア・フィッシュポンド

カラフイプアア・フィッシュポンド

オーラが見える!?ラバチューブ

オーラが見える!?ラバチューブ

最近、マウナラニのカラフイプアア・ヒストリック・トレイル沿いにあるラバチューブがよく話題になってるので、その影響を受けてランクイン!オーラが見えるとか見えないとか。

このトレイル沿いには、これまたパワースポットとして名高いカラフイプアア・フィッシュポンドもあり、スピリチュアル巡りができるナイスなスポットであります。

スピリチュアルに興味のない方も、ぜひ行ってみて欲しい。本当に気持ちが良く、心が軽くなる場所です。


コハラ・コーストのビーチ

クア・ベイ(マニニオワリ・ビーチ)

クア・ベイ(マニニオワリ・ビーチ)

白砂のビーチはやっぱり憧れ。自分好みのビーチを探してみよう。お手軽に行けるおすすめビーチは、ハプナ・ビーチクア・ベイ

マカラヴェナ・ビーチ

マカラヴェナ・ビーチ

私のとっておきは、マカラヴェナ・ビーチマハイウラ・ビーチ。両者ともアクセスしづらい。特にマカラヴェナは。だけど、辿り着いた時にはテンションMAXに!


ケアラケクア湾でシュノーケル

ケアラケクア湾

ケアラケクア湾のキイロハギ

色とりどりの綺麗な魚がヒラヒラ舞う。ハワイの中でもケアラケクア湾の透明度は抜群!岩場の波に揺れるキイロハギの群れが美しいです。(しかしカワイくはない。)アクセスが悪いのでツアー利用が基本。フェアウィンドのクルーズツアーは極楽気分が味わえるのでオススメ。

美しい珊瑚礁

美しい珊瑚礁

2015年に泳いだところ、魚の数がだいぶ少なかったのが若干気になっています。たまたまなら良いのですが。


アカカ滝州立公園の散策

アカカ滝

アカカ滝

アカカ滝はその艶っぽさを含め、かなりビューティフォーな御姿を見せてくれます。しかし、私のおすすめポイントはそこではない。

滝までの道のりが超楽しい!

これが一番のオシどころ。植物好きの人は必見!色んな南国チックな花を見る事ができるし、緑がワッサワサでジャングルみたい。ちょっとした探検気分になれちゃう。

滝までの道のり

滝までの道のり

ただ、2017年7月に訪れた時には、それまでワッサワサだった植物たちが刈られて、妙にスッキリしていました。上の写真だけ見ると、そんなことないように見えますが、以前はもっと鬱蒼としていたので、かなり残念。また元に戻って欲しい。そのため、今回はランクダウン。


ハマクアコーストの橋めぐり

ナヌエ橋

ナヌエ橋

ハマクアコーストに掛かる幾つもの橋。橋の上から景色を眺めたり、橋の下まで降りてみよう。こんな景色、見たことない!

ナヌエ橋ではヤシがモサモサ生えている様子を、ハカラウ橋ではジャングルの中をドーンと黒い鉄橋が突き抜けている様を目の当たりにできます。

ハカラウ橋

ハカラウ橋

なお、これらの橋は渡っている時ですら「橋」であることに気付きにくい。通常の道路からいつの間にか橋に突入しているから。橋と道路との一体感がありすぎ!場所が分かりづらいため、しつこく予習しておくべし。


ワイピオ渓谷の谷底探検

谷底のタロイモ畑

谷底のタロイモ畑

もっと上位に据えたいところですが、自力で谷底へ降りるのは難易度が高いのでこの順位。なお、展望台だけで済ます場合はランク外。

ワイピオ渓谷の谷底は美しい。そしてアドベンチャーランドであります。ジャングルだし、道路に川は流れているし、野良馬はいるし…!

ワイピオ渓谷の野良馬

草を食む野良馬

展望台だけで済まそうと思っているそこのアナタ。少しでもいいから「ワイピオ・バレー・ロード」を歩いて下ってみて。行けば行くほど味が出る。ワイピオの空気を肌で感じられるはず。

ツアーで谷底までいく方法もありますが、経験していないのでオススメかどうかは分かりません。

次の指南はコチラから

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME