キラウエア火山のドロドロ溶岩を見に行こう! クマ流指南

溶岩

まえおき

世界遺産、キラウエア火山。ドロドロの溶岩を一般の観光客がのんびりと見られる場所なんて、世界中でもココくらいのものなんじゃないでしょうか。

流れ出る溶岩にも火山ごとに違いがあります。キラウエアから流れ出す溶岩は動きがのんびりしており、爆発したりもしません。基本的にはキケンが少ないと言われています。だからこそ近寄って見ることができる!

これがキラウエア火山のウリではあるのですが、ハワイ島では灼熱の溶岩をいつでも簡単に見られると勘違いされている方は多いのでは?

ドロドロ溶岩は常に見られるものではありません。運が必要です!

目次

スポンサードリンク

トロトロ溶岩 Tips

灼熱の溶岩を見る方法

オーシャンエントリーの有無がカギを握る

ドロドロ溶岩はどこで見られるのでしょう?

ガッカリするかもしれませんが、火山観光のメインエリアであるキラウエア・カルデラ周辺では、ほとんど期待できません。

というのも、現在活発な活動をしているのはキラウエア・カルデラではなく プウ・オオ火口 だから。プウ・オオ火口はカルデラから約17kmも離れているんです。

【追記】2018年5月、レイラニ・エステイトから噴火が始まり、これが活発化。プウ・オオの溶岩は干上がってしまいました。2018年8月には、レイラニの噴火活動も衰え、この先のマグマの動きは予測できません。

じゃあ、どこで見ればいいのよ?

噴火中のプウ・オオ火口には、地上からは近づけません。

また、キラウエア火山の溶岩はその性質上、溶岩トンネルを形成して地中を流れることが多く、山肌を流れる光景はあまり見られません。そのため、流れ出た溶岩が最終的に辿り着く場所、一般的には、海岸線やその付近がドロドロ溶岩の見学場所となります。

だからこそ、オーシャンエントリーの有無が鍵となります。

オーシャンエントリーとは

オーシャンエントリーとは、火口から流れて出ているドロドロ溶岩が海に到達し、海水と交わる場所のこと。

2010年 オーシャンエントリー

2010年9月のオーシャンエントリー : 激しく水蒸気が立ち昇る様子は圧巻!

オーシャンエントリーがない…

オーシャンエントリーがない状態。この時期は、溶岩が見られる可能性が低いです。

可能性はゼロではありません。実際、2017年11月中旬にオーシャンエントリーが消滅しましたが、2018年3月頃まで、ドロドロ溶岩を歩いて見に行くツアーは催行されていました。

オーシャンエントリーがある!

オーシャンエントリーが出現中に、それなりのツアーに参加すれば、高確率でドロドロ溶岩を見る事が可能!

「それなりのツアー」については、次の項目で解説します。

オーシャンエントリーの有無や溶岩の状況については、下記サイトをチェックしてみて。オーシャンエントリーが発生していれば、Daily Update に「Ocean Entry」についての言及が必ずあるはず。

参考サイト

スポンサードリンク


ドロドロ溶岩を見るための4つの選択肢

噴火状況は日々変わります。ツアーに参加される場合は、現在の状況を必ずご自身でご確認下さい。

1. ヘリコプターツアー

オーシャンエントリーがあれば、溶岩の流れが活発なので、ドロドロ溶岩を見られる確率は高いでしょう。純粋に灼熱の溶岩を見るという点では他のツアーに劣りますが、火山を多角的に楽しめるのがヘリツアーの良いところ。

プウオオ火口の溶岩湖(2017年7月)

プウオオ火口の溶岩湖(2017年7月)

ツアー代金は高いですが、財力が許すなら参加してみて欲しい!

関連リポート

2. 溶岩ボートツアー

オーシャンエントリーが発生している時のみツアーが催行されます。天候や海の状態により中止になることが多いのがネックですが、オーシャンエントリーに到着すれば確実にドロドロ溶岩が見られるでしょう。

2010年 溶岩ボートツアー

溶岩ボートツアー(2010年9月)

関連リポート

3. ドロドロ溶岩を見に行くツアー

2018年8月現在、催行していません

ドロドロ溶岩が歩いて見に行ける距離にある時のみ、臨時的に催行されます。溶岩を最も近くで見る方法がコレ。目の前の溶岩がトローっと動いている様子をじっくり観察できます。

でも、やっぱり運が必要。すぐ目の前で見られることもあれば、遠目で見ることしかできない時もあるでしょう。日によって満足度が変わり、そういった意味では安定感がない。

また、溶岩が流れる場所によっては、黒い溶岩の上をかなり歩きます。溶岩ウォーク自体は楽しめますが、体育会系なツアーであることは覚悟しておいて下さい。

参考サイト

4. 自力で見に行く

メリット&デメリットは「ドロドロ溶岩を見に行くツアー」と同じ。しかし自力の場合、高いツアー料金が節約できる一方、ドロドロ溶岩に出会える確率は下がり、危険度は増します。経験、情報量ともガイドさん達には敵いません。(←特にハワイ島が初めてで土地勘や火山の知識のない方。)

とはいえ、ガイドが必要ないほど簡単に溶岩が見られる場合もあるので、状況に応じてどちらかを選択するのがよいでしょう。

個人的には、オーシャンエントリーの溶岩を見に行く程度なら自力で行けると思っています。目標が定まっているので。しかし、山側に流れる溶岩を長距離歩いて探すようならツアーを選択した方が無難かと。

溶岩や火山ガスの危険性については、必ず知識を入れておいてくださいね。ツアーガイドさんでさえ、火山ガスにより亡くなってしまった事例があります。

詳しくは下記サイトをご参考に。英語オンリーですが、グーグル翻訳を使えば、わりとまともに読めます。

参考サイト

ものすごく簡単に見られた例

ハワイ火山国立公園側、チェーン・オブ・クレーターズ・ロードのデッドエンドにて。駐車場所から歩いてすぐの場所でした。こんなに簡単に出会えるとは…!

トロリと流れ出る溶岩。写真を撮っているとカメラが壊れてしまうのでは?と心配になるほど熱い。

2002年 初めてのドロドロ溶岩

初めてのドロドロ溶岩(2002年9月)

こういった状態の時は、ツアーじゃない方が良いですね。時間を気にせず、ずっと見ていられます。

関連リポート

そこそこ歩いた例

これもハワイ火山国立公園側。チェーン・オブ・クレーターズ・ロードのデッドエンドから、道なき道を歩いて2時間あまりの場所で、オーシャンエントリーを見学。

2006年 デッドエンドハイク

オーシャンエントリー(2006年9月)

時折、水蒸気爆発が起こります。溶岩までの距離は若干遠く、熱さは感じられませんでした。

私が溶岩見学したのはハワイ火山国立公園側ですが、ここ数年はカラパナ側に流れる事が多いですね。なお、見学ルートや見学方法などは、その時によってかなり異なります。

関連リポート


ハレマウマウ火口で見られる可能性

2018年5月、ハレマウマウ火口が爆発的噴火を起こす前は、同火口内にあるオーバールック・クレーター(溶岩湖)の湖面を稀に見ることができました。

ハレマウマウ火口の溶岩(ジャガーミュージアムより撮影/2017年7月17日)

しかし爆発的噴火の後、溶岩湖は干上がり、崩れた岩石や灰で埋まってしまいました。火山性地震や地盤沈下に伴いハレマウマウ火口の縁は崩れ巨大化し、キラウエア・カルデラの風景はすっかり様変わりしています。

今となっては、ここに溶岩が戻ってくるかも分かりません。(2018年8月現在)

関連リポート


宿選びはどうする?

レンタカーがない場合

ツアーへの参加が前提となるので、ツアーの選択肢の多いコナやコハラ・コーストに宿を取ればOK。

ヒロ泊の場合、ヒロ発のツアーが少ないため選択肢が限られます。ヒロを拠点とするツアー会社としては、マイカイ・オハナ・ツアーさんがあります。ドロドロ溶岩を見に行くツアーに参加できるかは、マイカイオハナさん次第かも。催行の有無をWEBサイトでチェックしてみて下さい。

なお、ヘリコプターツアーはヒロ発のものがあるので問題なし。溶岩ボートツアーもヒロ発です。

参考サイト

レンタカーがある場合

できれば、旅程の一部をヒロ側(またはボルケーノ)にしてみて。

溶岩は、夕方の薄暗い時間帯に最も美しい姿を見せてくれます。夢中になって見学していると辺りは真っ暗に。そんな時間帯からコナやコハラ・コーストに戻るのはしんどいし、夜間の長距離運転も危険なため避けたいです。

旅行直前、急に溶岩が流れ始めた場合

予想に反して、旅行直前に溶岩が見られる位置に流れ始めてしまうなんて事もなきにしもあらず。私にも経験があります。

その時は、コナのみに宿を押さえていたのですが、悩んだ末、コナの宿はキープしつつ、急遽ボルケーノ・ビレッジにも1泊宿を押さえることに。

コナの宿をキープしておくのは一見無駄ですが、大きな荷物を部屋に置きっぱなしにして身軽に出かけられること、コナに戻った時に宿のチェックインが不要なことに大きなメリットがあります。時間を気にしなくて済むので。

お陰で真っ赤な溶岩を超間近に見ることができ、1泊のわりにはのんびりとボルケーノ観光をすることができました。急遽、宿泊場所の予定変更をしたい場合は、こんなやり方もあるので選択肢に入れてみて下さい。

2018年8月更新

次の指南へ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME