プウ・オオ火口 チェーン・オブ・クレーターズ・ロード - 見どころ

プウ・オオ火口

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード 地図

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード 地図

目次

スポンサードリンク

見どころ

プウ・オオ火口 Pu'u 'O'o Crater

2018年5月 劇的に変化したキラウエア火山

プウオオ火口は 1983年1月3日に噴火を始め、以来35年に渡り、キラウエア火山の中で最も活発に噴火活動を続けていました。しかし、現在その活動に大きな変化が訪れています。

2018年4月30日、プウオオ火口の底が崩壊しました。当日は天候が悪かったこともあり、USGS(アメリカ地質調査所)にもその時の姿は確認できなかったようです。翌日も天気は回復せず、5月3日にやっと現れた崩壊後のプウオオの姿がこちら。

噴煙を吐くプウ・オオ火口(2018年5月3日)

噴煙を吐くプウ・オオ火口(2018年5月3日)
[Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

見たことのないピンク色の噴煙を吐いていました。火口の周囲も赤い灰で染まっています。火口の崩壊は、この時も続いていており、この写真は小さな崩壊の直後に撮られたものだそうです。

4月30日の火口の底の崩壊後、プウ・オオ火口の地下のマグマは、キラウエア火山のイーストリフトゾーン(東の割れ目帯)を通りレイラニ・エステイト方面へと移動しました。そして5月3日、レイラニ・エステイトで割れ目噴火を起こします。

それ以来、プウオオ火口の活動は、ぱたりと止んでしまいました。今は崩壊も止まり、ただただ静かに佇んでいるように見えます。

プウ・オオ火口(2018年7月13日)

プウ・オオ火口(2018年7月13日)
[Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

深い穴(2018年7月13日)

深い穴(2018年7月13日)
[Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

上は、崩壊から約2か月後の写真。以前はあった溶岩湖がなくなってしまいました。ぽっかりと大きな穴が開いています。USGS の報告では、クレーターの最も深い部分は火口の縁から350mも下にあるのだそう。(5月11日時点)

2018年9月現在、レイラニの噴火はほぼ休止状態となっています。しかし、今のところプウオオに溶岩が戻ってくる様子は見られません。このまま、35年の長い歴史に幕を閉じてしまう可能性もでてきました。

長い間、ハワイ島で親しまれてきたドロドロ溶岩は、このプウオオから流れ出たものです。このまま終わってしまうのは何だか寂しいですね。

2018年9月更新

スポンサードリンク


2018年5月以前のプウオオ火口

プウオオ火口は、その姿を刻々と変えてきました。ヘリツアーから眺めた以前のプウオオ火口を紹介しておきますね。

2004年9月

火口内には小さなコーンが幾つかあり、噴煙を吐いている様子を見ることができました。

噴煙を吐くコーン

噴煙を吐くコーン

チラリと見える赤い溶岩

チラリと見える赤い溶岩

2010年9月

今まで見た中で一番カッコ良いプウオオがコレ!しかしクレーターの底は噴煙で見えず。

火口の底は見えず

火口の底は見えず

茶色と黒。場所によって山肌の色がかなり異なっています。

茶色い山肌

茶色い山肌

2017年7月

溶岩湖内でうごめく灼熱の溶岩の様子が見られました!

遠目から

遠目から

うごめく溶岩湖

うごめく溶岩湖

2004年9月, 2010年9月, 2017年7月

火口の崖っぷちに注目!

もしヘリツアーに参加する機会があったら、火口周辺に注目してみて!

火口の縁周辺には地質学者用のライブカメラや機材が設置されています。いつ崩れるやも知れない、この危険な場所に様々な機材を設置するなんて、まさに命懸け!その研究心に頭が下がります。

火口の縁にある機材

火口の縁にある機材(2010年9月当時)

溶岩湖の縁にも

溶岩湖の縁にも(2017年7月当時)

そんな火山地学者さんへのインタビュー記事を見つけたので、興味のある方は読んでみて下さい。

参考サイト

ライブカメラの映像は、USGS(アメリカ地質調査所)の WEBサイトで見ることができます。日本時間の午前中にどうぞ。午後は現地では暗くなる時間帯なので何も見えません。

参考サイト

2010年9月, 2017年7月

トレイルからプウオオ火口を望む

見えそうで見えないプウオオ火口。チェーン・オブ・クレーターズ・ロードから見えたら嬉しいのですが…。

上空以外でプウオオ火口が見られる場所としては、ナパウ・トレイルが有名。このトレイルは距離が長いですが、全行程歩かなくても大丈夫。トレイル途中にあるプウ・フルフル展望台に登れば、プウオオ火口を遠目ですが見ることが可能です。

プウ・フルフル展望台より

プウ・フルフル展望台より

実際に歩いてみたのでご参考に。

ハワイ島 観光ガイド

2018年9月更新

ハワイ島の火山の特徴

「プウ・オオ」の「プウ」は噴火口のことを指します。

ハワイ島の5つの火山(キラウエア、マウナケア、マウナロア、フアラライ、コハラ山)には全部で1000個以上の噴火口があり、平均すると一つの火山で200個もの噴火口を持っていることになります。これほど沢山の噴火口があるのには、ハワイの火山の構造に理由がありました。

楯状火山

ハワイの火山は「楯状火山」と呼ばれるタイプで、山の中心部から外側に向かってリフト(割れ目)が形成されます。ホットスポットから湧き出るマグマは、そのリフトゾーン(割れ目帯)に流れやすく、そこに流れ込んだ溶岩は、弱い地表面を見つけては噴火します。そして、これが噴火口となります。

山頂がドカーンと爆発する一般的な火山のイメージとは、だいぶかけ離れていますね。

キラウエア火山のイースト・リフト・ゾーン

プウ・オオ火口は、キラウエア・カルデラから東に向かって伸びる割れ目帯、イースト・リフト・ゾーン(東の割れ目帯)にあります。地図で見ると、噴火口が綺麗に並んでいるのがよくわかりますね。

2018年5月のレイラニ・エステイトでの噴火は、この火山の特徴をよく捉えていました。下の図は、その時の割れ目噴火口の位置を示すマップです。

レイラニ・エステイトの噴火口(2018年5月5日)

レイラニ・エステイトの噴火口(2018年5月5日)
[Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

"F" は "Fissure(亀裂/割れ目)" の略。数字は割れ目が現れ噴火した順番。とても規則正しく綺麗に並んでいるのが印象的ですね。

2018年9月更新

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME