マウナ・ラニ・ポイント #B-102(2011年) コハラ・コースト - ホテル

マウナラニポイント

マウナラニリゾート 地図

広域図

マウナラニリゾート 広域地図

拡大図

マウナラニリゾート 拡大地図

目次

スポンサードリンク

コンドミニアム

マウナ・ラニ・ポイント #B-102(1ベッドルーム) Mauna Lani Point #B-102 (1BR)

2011年9月

予約窓口 : エクスペディア

B-102(1ベッドルーム) / オーシャンビュー

24,944円 /1泊

maunalanipoint.comjp.visitmaunalani.com(日本語)

Google Maps

コスパ高し

マウナラニポイント外観

マウナラニポイント外観

マウナラニリゾート内でなるべく安価、かつ景色の良さそうなコンドミニアムを探していて見つけたのがこの宿。

少々古めの建物になりますが、オーシャンビューのお部屋でも1泊 25,000円弱と、高級リゾート内のコンドミニアムにしては、我が家でも何とか手が出せそうな料金です。(エクスペディアで予約して円払い。超円高の恩恵を受けての料金です。)

チェックイン

マウナラニポイントには、クラシックリゾートが管理する部屋と、個人の方が所有する部屋(バケーションレンタル)があり、我が家はクラシックリゾートのお部屋に泊まりました。まずは、クラシックリゾートのオフィスでチェックイン。

2016年10月よりチェックインの場所が変更になりました。

新しいオフィスの場所

新しいチェックイン場所

新しいオフィスは、マウナラニポイントの入口付近にあるようです。詳細は公式サイトでご確認ください。

公式サイト

オフィスにて

オフィスでは、部屋の位置やセキュリティゲートのパスコード、リゾート内の施設についての説明を聞きます。リゾートのマップの上にメモをしながら丁寧に説明してくれるので、英語でも分かりやすく助かりました。

早速マップを見ながらお部屋へGO!

マウナラニポイントの入口

マウナラニポイントの入口

セキュリティゲート

マウナ・ラニ・ポイントに入るには専用ゲートを通らなければなりません。オフィスで教えてもらったパスコードを入力して無事通過。

セキュリティゲート

セキュリティゲート

そこから更に道は続きます。私達のお部屋のある B棟は一番奥。車は部屋毎に決められた駐車場があるので、そこへ止めます。

B棟

B棟

お部屋の様子

玄関

重厚感のある玄関ドア

重厚感のある玄関ドア

大きくて高級感のあるドアを開くと…

リビングルーム & ダイニング

期待通りのお部屋!センスも良い。特徴的だったのは、広くて開放的なリビングルーム。

リビングルーム

リビングルーム

ダイニングのエリアとは階段2段分低くなっており、少し珍しい構造でした。段差の部分も含め、綺麗にカーペットで覆われています。そのカーペットがフカフカで気持ち良いのなんの。このお部屋は靴を脱ぐタイプなので、裸足ならではの心地良さ!

お庭への出入口は全面ガラス扉のため部屋が明るく、外の景色もよく見えます。

また、写真では角部屋のように見えますが、写真右側の辺りは壁が全面鏡になっており、これに窓が映りこんでいるだけ。角部屋ではありません。騙されませんように。

ダイニングとインテリア

ダイニングとインテリア

ハワイらしいインテリアがオシャレ。

キッチン

キッチンは殆ど使用しなかったので、使い心地は分かりませんが清潔感があります。

清潔感のあるキッチン

清潔感のあるキッチン

冷蔵庫も新しくて綺麗。そして大きい!スーパーでよく見掛ける1ガロン(約3.78リットル)のジュースや牛乳は、こういった冷蔵庫だからこそ買えるのだなと妙に納得。

冷蔵庫はかなり大きい

冷蔵庫はかなり大きい

ベッドルーム

ベッドルームは割と広め。寝心地もバッチリ。奥の壁もまた鏡になっており、ベッドが2台あるように見えていますが映っているだけです。

居心地の良いベッドルーム(奥の壁は鏡)

居心地の良いベッドルーム(奥の壁は鏡)

ベッドルームのソファと書棚

ベッドルームのソファと書棚

部屋にソファや書棚がさりげなく置かれているのもオシャレ。お庭の植物が見えるのも涼やかで良いですね。

バスルーム

ベッドルームの奥にはバスルームがあります。こちらも清潔。大きくて広いバスタブが贅沢!

バスルーム

バスルーム

バスタブ&シャワーブース

バスタブ&シャワーブース

バスルームの横には洗濯機が置かれていました。これも新しくて綺麗。もうホント、言うことナシ。

芝生のお庭がイイ!

マウナラニポイントの一番の自慢は芝生のお庭!

緑色の絨毯に包まれてうたた寝できるなんて最高です。2階のお部屋の方が海が見えやすく景色が良いかもしれませんが、どちらが良いでしょう??今度は2階にも泊まってみたい。でもこの芝生も捨てがたい。

芝生のお庭

芝生のお庭

グリーンの向こうに青い海

グリーンの向こうに青い海

夜になれば天の川がクッキリ。誰にも邪魔されず星空観察もできます。

なお、この庭は地続きで建物全ての1階のお部屋と繋がっているようでした。セキュリティ上、外出時と就寝時は窓を閉めましたが、プライバシーは守られる造りなので、お隣さんは殆ど気にならないかと思います。

天の川

天の川

星空撮影時はスプリンクラーに注意!

今回3泊しましたが、毎晩当たり前のように天の川が見えました。周辺は本当に真っ暗。星好きにはたまらない環境です。写真撮影も欠かせません。しかし失敗談も…。

芝生の上にカメラをセットして、オート連写で2時間ほど撮り続けていたのですが、知らぬ間にスプリンクラーが作動。結果、カメラがビチョビチョに。

完全な防塵防滴仕様のカメラではなかったため顔面蒼白モノでしたが、奇跡的に無事でした。写真撮影が趣味の方は気を付けて!

雨?

お庭では、いつも雨が降っているかのような音が聞こえていました。あれ、雨??と何度騙されたことか。これの正体は、ヤシの木が風で揺れる音。本当に雨の音にそっくりなんですよ!

外部施設

マウナラニビーチクラブ

外部の施設で良かったのはプライベートビーチ。マウナラニリゾート内に別荘を持つオーナーと宿泊ゲスト専用のビーチです。(とは言え、ビジターも徒歩なら入れます。)

このビーチは少々狭いですが、ブルーがとても綺麗!

マウナラニビーチクラブ

マウナラニビーチクラブ

ビーチについての詳細は下記をご覧下さい。

良い点 & 悪い点

GOOD↑

  1. 無料の無線LAN完備

    お部屋に無線LANルーターがあり、接続のパスワードも部屋で確認できるのでオフィスで聞く手間もナシ。電波状況もかなり良くてネット環境は快適。

  2. コンセント多し

    パソコンやカメラ、携帯電話の充電など、様々な機器を充電してもコンセントはまだまだ余裕。

  3. とにかく綺麗

    どこを見ても綺麗にお掃除されています。ベッドやソファが埃っぽいこともなく、綺麗好きな方にオススメ!

  4. 鏡張りのお部屋

    リビングと寝室の壁のかなり広い部分が鏡張り。特にリビングは明るく広く感じられて、より開放的な空間に見えます。ただし、この恩恵は昼間のみ。夜は一転、デメリットに。

BAD↓

  1. 鏡に写った自分の姿にビクっ…!

    鏡張りのお部屋は正直、夜コワイ。特にお庭から部屋に戻る際、向かいに人影が…!鏡の壁に自分が映っているだけなのですが、この人影に何度ビビってしまったことか。

    滞在中、最後まで私は慣れませんでした。でも、ダンナは全く気にしてなかったようなので、人によるかも。

  2. ショッピングセンターから遠い

    リゾート内には無料のシャトルバスが走っていますが、巡回しているわけでなく、電話(英語)で呼ばなきゃならない。ハードル高し。

    レンタカーがない方には不便な立地です。リゾート内でお酒を飲んだ後、歩いて帰れる距離がベストなのですが、ショップス・アット・マウナ・ラニからは徒歩では遠いうえ、夜道は暗いのでちょっと難しい。

  3. セキュリティボックスがない

    貴重品をスーツケースに入れ、鍵を掛ける程度の対応になってしまうので少々不安。これだけ設備が整っているのに、何故これがないのだ…!

総評

改善してもらいたい点もありますが、良い部分がそれらを超越しています。さすが高級リゾート。今まで泊まった中で一番素敵なお部屋でした!(←2011年時点)

興味のある方はぜひ動画(スライドショー)も見てくださいね!

2011年9月

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME