アナエホオマル・ベイ(Aベイ) ワイコロア・ビーチ・リゾート - 見どころ

アナエホオマル・ベイ(Aベイ)

ワイコロアビーチリゾート 地図

ワイコロアビーチリゾート 地図

目次

スポンサードリンク

見どころ

アナエホオマル・ベイ(Aベイ) Anaehoomalu Bay (A-Bay)

トイレ&シャワー&更衣所&駐車場アリ

Google Maps

略しすぎでしょ ┐(´д`)┌

正式名称は呼びづらいため「Anaehoomalu」の頭文字を取って「A-Bay(エイベイ)」と呼ばれています。どんだけ面倒くさがりなんだ。ハワイの人!

また、ビーチとしての呼び名は「ワイコロア・ビーチ」らしい。しかしこの呼び名で聞いたことは殆どない。

アナエホオマル・ベイ(Aベイ)

アナエホオマル・ベイ(Aベイ)

駐車場から見て右手側のエリア

駐車場から見て右手側のエリア

Aベイは結構広い。メインの遊び場は、駐車場から見て右手側(フィッシュポンドやマリオットリゾート側)。ビーチチェアが並び、リゾートらしい風景が広がっています。

海のアクティビティ

クウアリイ・フィッシュポンドの北端の辺りに「オーシャンスポーツ」があります。海のアクティビティのレンタルはここで。

オーシャン・スポーツ・ビーチ・ハット

オーシャン・スポーツ・ビーチ・ハット

シュノーケルギアの他、カヤック、カヌー、スタンドアップパドルボード等々色々取り揃っています。レンタルして海のアクティビティを存分に楽しむのも良いですね。

オーシャン・スポーツ・ビーチ・ハット

レンタル料金

しかし料金は高い。シュノーケルギアが1時間 7ドル!

参考サイト

ネコ好きさんはここもチェック

ネコ好きさんの見どころ

ネコ好きさんの見どころ

駐車場からビーチへと向かう途中、ビーチの案内板が掲げられている場所があります。ここで結構ネコを見掛けます。オマケでマングースがチョロチョロ歩いていることも。

カワイイ

カワイイ

「ネコにエサをあげないで」という注意書きがあるので、常にネコが住んでいるのでしょう。ネコ好きさんには嬉しい猫スポットです。


ウミガメに会おう! Meet the Honu

海ガメに近づきすぎると法律で罰せられます。(4.5m以上近寄ってはいけません)

ハワイ島でウミガメに会える場所としては プナルウ・ブラック・サンド・ビーチ が有名ですが、コハラコーストでもよく見掛けるんですよ!

ホヌ(海ガメ)

ウミガメ

中でも Aベイは出会いやすい場所。当方、Aベイでのウミガメ遭遇率は100%!ちなみにプナルウでの遭遇率は50%程度。(ウチだけなのか??)

コハラコースト滞在中にウミガメを見たいなら、まずはAベイの散策をおすすめします。

遭遇しやすい場所

基本は、駐車場から見て左手のビーチ沿いを歩いていけばOK。

以前は歩いてすぐの場所で会えましたが、2017年の時は結構奥まで(5分以上)歩きました。レストラン「ラバ・ラバ・ビーチ・クラブ」が新しくできて、周辺が賑やかになってしまったのが原因かも?

時間帯

ウミガメは、晴れた日の昼過ぎから砂浜で見られ、夕暮れ前には海に戻っていきます。午前中は砂浜では見られません。お食事中なのか、海の中で何やらゴソゴソやっている様子が見られます。

ウミガメ軍団

2010年にスゴイ光景を見てしまいました。なんと、総勢11匹もいるではありませんか…!

11ぴきのかめ

「11ぴきのねこ」ならぬ「11ぴきのかめ」

これほど見られたのは、さすがにこの時のみ。いつもは 1~2匹のことが多いです。

スポンサードリンク


Aベイの夕陽 A-Bay Sunset

絶好の夕陽の撮影スポット

このビーチの夕暮れの美しさは侮れません。フィッシュポンド越しに見る夕陽は絶景!

そんな Aベイの夕陽の写真は本やカレンダー等でよく見かけます。ビーチ沿いに綺麗に並んだヤシの木のシルエットが、良い味を出してくれるんですよね。

フィッシュポンド越しの夕陽(2006年9月)

フィッシュポンド越しの夕陽(2006年9月)

フィッシュポンド越しの夕陽 その2(2006年9月)
フィッシュポンド越しの夕陽(2010年9月)

フィッシュポンド越しの夕陽(2010年9月)

ですが、2011年に状況が変わりました。

日本で東日本大震災が起こった際に発生した津波によって、ヤシの木が流されてしまったのです。その後も、年々ヤシは減っている様子。

2011年3月以降
減ってしまったヤシの木(2015年9月)

減ってしまったヤシの木(2015年9月)

もう、2006年の写真のようなヤシの木の間に沈む夕陽をフィッシュポンド越しに拝むことはできません。寂しいですね…。

それでも、夕陽の撮影スポットとしては健在!ハワイ島では、今でもAベイの夕陽を撮るのが一番楽しいです。

Aベイの夕陽(2015年9月)

フィッシュポンドと(2015年9月)

7月はフィッシュポンド左隅(南端)のヤシと夕陽を絡めることができませんでした。なので別の場所から。

Aベイの夕陽(2017年7月)

別の場所から(2017年7月)

マジックアワー(2017年7月)

マジックアワー(2017年7月)

マジックアワーはヤシが密集している場所で撮ると絵になりますね。

2005年9月, 2006年9月, 2010年9月, 2011年9月, 2015年9月, 2017年9月

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME