カフク・ユニット(ハワイ火山国立公園) - 基本情報 KAHUKU UNIT

カフクユニット(ハワイ火山国立公園)

カフクユニット 地図

カフクユニット 地図

目次

スポンサードリンク

基本情報

カフク・ユニット(ハワイ火山国立公園) Kahuku Unit (Hawaii Volcanoes National Park)

営業時間

水曜~日曜日:9:00~15:00 / 月~火曜日:休業

入園料ナシ

nps.gov

Google Maps

ハワイ島地図

マウナロアの麓を散策しよう!

ハワイ火山国立公園といえば キラウエア火山

ですが、そのエリアは大変広く、マウナ・ロア もハワイ火山国立公園に含まれていることはご存知でしょうか。カフク・ユニットは、マウナロアの南西部の麓に広がるもう一つのハワイ火山国立公園。その広さは下記のリンクから確認してみて!

参考サイト

以前は知る人ぞ知る存在でしたが…

2018年5月、キラウエア火山の山頂が爆発的噴火を起こしたことにより、キラウエア火山を含むハワイ火山国立公園の大部分のエリアが閉鎖されてしまいました。公園で唯一オープンしているのがここ、カフクです。公園側がこのエリアを猛アピールしており、次第に注目を集めるようになってきました。

カフク・ユニット入口

カフク・ユニットのエントランス(11号線沿い)

エントランスから少し走ると「STOP」のサインが。大変簡易なゲート(?)です。

簡易なゲート

簡易なゲート

スタッフが待機するテント

スタッフが待機するテント

停車すると、公園スタッフの方がこのエリアのマップを持ってきてくれました。一通り園内の説明をして下さったり、応対が丁寧です。なお、このエリアは無料なので、料金を徴収されることはありません。

ちなみにマップは、よくある配るタイプのものではなくラミネート加工されたものでした。帰る時に返却しなければなりませんし、折りたためないのでトレイルに持って行きづらいです。内容は下のリンク先のものと同じなので、あらかじめ印刷して持って行くことをオススメします。

参考サイト

園内は、カフク・ロードに沿って広がっていますが、この道は基本的に舗装されていません。レンタカーの方はご注意下さい。

キラウエアとはちょっと違う火山の世界

カフクは、マウナロアのサウスウェスト・リフト・ゾーン(南西の割れ目帯)に位置しており、火山の景色を堪能することができます。溶岩ウォークをしたり、プウ(噴石丘)に登ったり、形の変わった溶岩を探したりと、楽しみ方もキラウエア火山と一緒。

でも、一味違うんです。最初にどーんと飛び込んでくる風景がコレですから!

プウ・オ・ロクアナ・シンダー・コーン(噴石丘)

プウ・オ・ロクアナ・シンダー・コーン(噴石丘)

プウが綺麗な緑色。草がふっさふさ!

一方、そのすぐ脇には黒い溶岩の世界が広がっています。

プウ・オ・ロクアナ・トレイル

溶岩ウォークができるプウ・オ・ロクアナ・トレイル

トレイルに散らばっているカンラン石

トレイルに散らばっているカンラン石

荒々しい火山と爽やかな高原が融合した世界!新しい発見ができる場所です。

元々は歴史のある牧場

ハワイ火山国立公園は2003年、ハワイでも歴史のある牧場の一つ「カフク・ランチ」を購入。これがカフク・ユニットとして新しく追加され、公園の規模は50%以上も拡大されたそうです。以来、公園はこの地の自然を保護してきました。

緑が美しい

草が涼しげに揺れる

この緑の美しさは、牧場の名残なのでしょうね。

スポンサードリンク


ショップ Shop

公園内に Hawaii Pacific Parks Association(ハワイ太平洋公園協会) のショップがあるので覗いてみて下さい。各国立公園内に出店しているショップなのですが、なかなか面白いものが販売されています。

ギフトショップ

ギフトショップ

ショップの建物は妙にデカイ。中に入ってみると、販売されているものは少数。ガラーンとしています。が、、、

店舗内

店舗内

以前、ジャガーミュージアムで見掛けて非常に気になっていた「ハッピーフェイススパイダー」のぬいぐるみがあるではありませんか!

ぬいぐるみ いろいろ

ぬいぐるみ いろいろ

買おうか迷って、振り返ってダンナの顔を見たらこんな顔をしてる。

(´・д・`)ヤダ

...結局、今回も買わず終い。


天気と服装 Weather Information

キラウエア火山から流れてくる VOG(火山性スモッグ)の影響があるのかもしれませんが、この辺りで気持ちの良い青空を見たことがありません。どんより曇っているか、もしくは空が何となく霞んでいるんですよね。

VOGで霞んだ空

VOGで霞んだ空

標高は一番低い場所で600m程度。暑すぎず寒すぎず、トレイルを歩くには丁度良い気候です。


ホテル / 宿泊施設 Hotel

ホテルはありません。B&B または バケーションレンタルになります。気になるのは カフク・ランチのバケーションレンタル。美しい牧場に建つ一軒家に憧れちゃいますねぇ。

参考サイト

2018年8月更新

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME