コナ・ジョー・コーヒー ケアラケクア - ショップ

コナ・ジョー・コーヒー

ケアラケクア 地図

ケアラケクア 地図

目次

スポンサードリンク

ショップ

コナ・ジョー・コーヒー Kona Joe Coffee

営業時間

毎日:8:00~17:00

konajoe.com

yelp.com

Google Maps

ここは、絶景が拝めるコナ・コーヒー農園の直売店!インスタで存在を知り、行ってみたかった場所です。

コナ・ジョー・コーヒー

コナ・ジョー・コーヒー 入口

11号線にある入口から少し進むと駐車場があります。ここで嬉しい発見が!駐車場脇にコーヒーの木が植えられているのですが、花を咲かせている個体があったんです。

コナスノー

コナスノー(コナコーヒーの花)

コナコーヒーの白い花は、木の枝に雪が積もったように見えることから「コナスノー」と呼ばれているそうな。素敵なネーミングですね。

開花時期は1月から3月頃。いつも夏に訪れる我が家とは無縁の花でしたが、7月に見られるとは!さすがに、咲いているのは一部のみでしたが。季節を勘違いしちゃったのかな。

ここでは花だけでなく、たわわに実るコーヒーの実を見ることもできました。

たわわに実る

たわわに実るコーヒー

さて。駐車場から階段を下りて行くと…

階段

階段

こんな開けた場所が。

解放感のあるカフェスペース

解放感のあるカフェスペース

残念ながら、どんよりとした空ですから…!泣けますねぇ。しかも、レイラニの火口が活発な時期だったため、VOG(火山性スモッグ)の影響でかなり霞んでいます。白すぎるよ−。

ここには、コーヒー・バーがあり…

コーヒー・バー

コーヒー・バー

絶景を眺められるテーブル

絶景を眺められるテーブル

カフェラテでも飲みながら景色を満喫しよう!なんて思っていたのに、そんな気もなくなってしまった。次回は絶対に晴れた日に来てやるー!

ギフトショップ

ショップ

ギフトショップ

農園直売所には必ずあるコーヒーの試飲コーナー。これが農園めぐりの楽しみの一つ。自分は、農園ごとの豆の特徴まで捉えることができませんが、雰囲気を楽しむのもアリかと。

試飲コーナー

試飲コーナー

試飲用のコーヒーには「DECAF(カフェイン抜き)」やフレーバー系のものもありました。種類が多いので色んな味が楽しめます。ちなみにカップの使用は一人一つまで。種類毎にカップを替えませんように。

ショップにはTシャツやコーヒー雑貨なども並んでいます。

店内

店内

独自の栽培方法で特許を取得

この農園では、ワイン用のブドウを育てるように、コーヒーの木をトレリス仕立てで栽培しているのが特徴です。

トレリスとは格子状になった棚のこと。コーヒーの木の枝はトレリス(ワイヤー)に沿って水平方向に成長するため、一般的な栽培方法よりも太陽の日差しを沢山受けることができ、自然な甘さが増すのだとか。

また、手間が掛かっている分、豆のお値段はかなりお高いです。

購入したコーヒー豆

Trellis Reserve (8oz / $39.95)

自分用の土産として1袋購入してみました。味に気品があります。酸味の後に、ほのかな甘みがやってくる感じ。すっきりしてるけど、コクがあります。日曜日の朝、優雅にのんびりと頂きたいですね。

ギフトショップにはいくつかの種類のコーヒー豆が並んでいますが、トレリス栽培された豆は、おそらく「Trellis Reserve」と記載されたものだけ。

同じようなパッケージ(赤や青)で「Kainaliu 100% Kona Coffee」と書かれた豆もありますが、こちらはコナ・ジョーが監督のもと、近隣の農場で栽培され、コナ・ジョーで処理された豆とのこと。商品の説明は下記のページで確認することができます。

Kona Joe Coffee

写真いろいろ

焙煎エリア

焙煎エリア

コーヒー・バーの隣にある焙煎エリア。ツアー(Ultimate Kona Joe Tour)に参加すれば、焙煎体験ができるそうですよ!

映写機

映写機

ナゼか通路に無造作に置かれていた映写機。

映写機

映写機の解説

解説によると、コナ・シアターで使われていた映写機(Peerless Magnarc Projector)を復元したもののようです。

2018年7月

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME