キラウエア火山 / レイラニ・エステイトの噴火と山頂の崩壊による影響 - 2018年5月~2018年8月 LEILANI ESTATE ERUPTION

レイラニエステイトの噴火

キラウエア火山 イーストリフトゾーンの噴火口 地図

キラウエア火山(イーストリフトゾーン) 地図

目次

スポンサードリンク

まとめ

当方は火山の専門家ではないため、火山用語を誤って使用している可能性があります。勉強不足で申し訳ありませんが、悪しからずご了承下さい。

キラウエア火山で起こっていること & その影響

2つの問題

2018年8月初旬まで、下記の2つの問題が起こっていました。

レイラニ・エステイトの噴火

キラウエア山頂の地震によりハレマウマウ火口が崩壊(巨大化)

が、現在は噴火活動はほぼ休止中。それに伴いキラウエア山頂の地震と崩壊も止みました。VOG(火山性スモッグ/二酸化硫黄)の影響は、2007年後半以降で最も低い状況であり、VOGで霞んでいたコナ側の空にも青空が戻ってきました。

なお「亀裂8」の噴火活動は、このまま収束するかもしれませんし、再び活発化する可能性もあります。

日本時間 2018/09/15 14:52 更新

ハレマウマウ火口の崩壊に関わる影響

観光面で影響あり。ハワイ火山国立公園は一部(カフクユニット)を除いて閉鎖中。ボルケーノハウスも宿泊不可。(ハワイ火山国立公園の一部は、9月22日に再オープンが決定)

スポンサードリンク

レイラニ・エステイト(イーストリフトゾーン)の噴火

2018年5月3日 17:00頃、レイラニ・エステイト内、モハラストリートの亀裂から噴火

キラウエア火山の性質上、噴火口はリフトゾーン(断層)上に造られます。今回噴火したエリアは、そのリフトゾーンの真上。「住宅街からの噴火」という恐怖感から注目が集まりましたが、キラウエア火山はセオリー通りの活動をしているだけ。必要以上に恐れる必要はありません。

レイラニ・エステイトの噴火

レイラニ・エステイト内/亀裂7(2018年5月5日) / 元画像 [Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

亀裂は全部で24箇所現れ、そのうちの一つである亀裂8が大きく成長。8月初旬まで、大量の溶岩を海へと流し続けました。

亀裂8(2018年6月24日)

レイラニ・エステイト内/亀裂8(2018年6月24日) / 元画像 [Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

8月5日頃から溶岩の流出が激減。ほぼ休止状態へ。

亀裂8(2018年8月8日)

レイラニ・エステイト内/亀裂8(2018年8月8日) / 元画像 [Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

今までの経過(時間はハワイ時間)

2018年5月2日
レイラニ・エステイト内の道路に亀裂ができる。

2018年5月3日 17:00頃
レイラニ・エステイト内、モハラストリートの亀裂から噴火。

5月4日~5月6日
噴火活動は活発に継続。亀裂はイーストリフトゾーンに沿うように長く伸び、徐々に増える。

5月7日~5月10日
亀裂は増えたが、噴火活動は次第に弱まる。

5月11日~5月18日
ゆるやかにその範囲を拡大。主な噴火場所はレイラニ・エステイトを外れ、ラニプナ・ガーデンズを含め、その北東へと移動。

5月19日
亀裂20からの溶岩流が二手に分かれ、速い速度で海へ向かう。夜になって海へ到達。オーシャンエントリー発生。

5月20日~5月22日
噴火活動は活発。溶岩の噴水が50mの高さに達することも。

5月23日~5月28日
レイラニ・エステイトの東側からラニプナ・ガーデンズにかけて噴火活動が活発。

5月29日
特に亀裂8が活発。ここから流れ出た溶岩流がハイウェイ132号線を覆った。

5月30日
亀裂8の溶岩流は132号線に沿って北西方面へ進行。また、亀裂18からの溶岩流はアハラヌイ・ビーチ・パークへ向かう。

5月31日~6月2日
亀裂8の溶岩流は132号線と137号線の交差点へ向かって進行。亀裂18からの溶岩流は停滞したため、アハラヌイ・ビーチ・パークは無事。

6月3日
亀裂8の溶岩流は137号線を横切りカポホ湾へと進行。22:30 湾へ到達。オーシャンエントリー発生。

6月4日~6月5日
亀裂8は海へ流れ続け、カポホ湾は溶岩流で覆われた。

6月6日~
亀裂8は活発な活動を続けており、カポホ湾を覆った溶岩は更に新しい大地を拡大させている。

7月12日~
亀裂8からの溶岩流の流れる道が変化。プナ東部(カポホ)でなく南部へと流れはじめ、アハラヌイ・ビーチ・パークが溶岩流に飲み込まれた。以降、溶岩流の主流は南部へと移動。

8月5日~
亀裂8からの溶岩流出が大幅に減少。火口には溶岩湖がある状態。

8月中旬~
亀裂8の噴火活動は、ほぼ休止中。火口の溶岩も殆ど見られない。(火映も見られない。)

亀裂の番号について
番号は溶岩が噴出された順番。出現した亀裂から溶岩が噴出されると番号が割り当てられます。

イーストリフトゾーン 噴火マップ

下部イーストリフトゾーンの溶岩流と亀裂(2018年8月14日) / 元画像 [Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

Googleマイマップ

下記は、Googleマイマップで作成された非常に参考になる地図。共有させて頂きます。(アシュエルさん、貴重な情報をありがとうございます)

スマホの方は下のリンクから Gooleマップアプリで見ることをオススメします。

2018 Hawai'i Island Eruptions / googleマップ

地図上の青い線は川ではなく、その周辺の地形の中で一番低い斜面。水を流せばそこを通るであろうルートです。ただし溶岩が通れば地形が変わる点はご留意下さい。

24時間の震源地情報がうるさく感じられる場合は、左上のマークをタップすると現れるメニューから「日付: Earthquakes in last 24hrs」のチェックを外すと消えます。

キラウエア山頂の地震とハレマウマウ火口の崩壊

5月中旬、地下深くへと落ち込んだ溶岩湖のマグマが地下水に接触し、大規模な水蒸気爆発を起こす可能性があるとの警告を USGS(アメリカ地質調査所)が出しました。

それ以降、ハレマウマウ火口は何度も爆発的噴火を繰り返してきました。

黒い噴煙を吐くハレマウマウ火口

黒い噴煙を吐くハレマウマウ火口(2018年5月15日) / 元画像 [Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

6月に入り、噴火活動はようやく落ち着きをみせます。溶岩湖は岩石や灰で完全に埋まってしまい、通常時の火口は僅かに白煙を漂わせている程度。噴火の回数もかなり減りました。

6月下旬には、航空カラーコード(航空機向け火山活動度レベル)が赤色からオレンジ色に引き下げられました。大規模な噴火への脅威は過ぎ去ったようです。

ハレマウマウ火口の縁の崩壊

レイラニでの噴火に連動し、キラウエア山頂でも地震と噴火が繰り返されました。これにより、ハレマウマウ火口の崩壊が進み、火口が巨大化。8月初旬には地震と崩壊は止みましたが、国立公園へのダメージは計り知れません。

ハレマウマウ火口(2017年7月15日)

以前: 2017年7月15日

ハレマウマウ火口(2018年7月13日)

現在: 2018年7月13日
[Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

既に、ジャガーミュージアムの展望デッキ(地盤)への亀裂、ジャガーミュージアムおよびハワイ火山観測所の建物の損傷、ハレマウマウ展望台駐車場およびクレーターリムドライブ(一部)の崩落等々、大きな傷を負っています。

ハワイ火山国立公園の閉鎖状況

2018年5月11日から閉鎖されていましたが 9月22日 午前10:00 に再オープン!(一部エリアのみ)

2018年9月14日

最新の閉鎖状況は下記でご確認下さい。

ハワイ火山国立公園 公式サイト

最新情報と詳細 収集用リンク

火山についての最新情報は Daily Update に集約されています。

USGS HVO(ハワイ火山観測所)

Hawaii County Civil Defense(ハワイ郡民間防衛局)

風向きと風速予測

その他 参考サイト

よくある質問

○月にハワイ島を訪れますが、噴火の影響はありますか?溶岩は見られますか?

質問したい気持ちは大変よく分かりますが、旅行会社、ツアー催行会社等、どこに問い合わせようとも思うような返答は得られません。質問することで、余計にモヤモヤしてしまうはず。

今は焦らず、落ち着いて火山の様子を見守りましょう。溶岩関係のツアーへの参加を検討しているならば、ある程度時間をおいてから判断してみて下さい。

ハワイ火山国立公園が閉鎖されていますが、他におすすめの観光スポットはありますか?

ハワイ島には火山以外にもたくさんの見どころがあります。下記で紹介していますので、よかったらご覧ください。

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME