ケアナカコイ展望台 キラウエア火山(ハワイ火山国立公園) - 見どころ

ケアナカコイ展望台

キラウエア・カルデラ(キラウエア火口) 地図

キラウエア・カルデラ(キラウエア火口) 地図

目次

スポンサードリンク

見どころ

ケアナカコイ展望台 Keanakakoi Overlook

クレーター・リム・ドライブは閉鎖されていますが、この展望台まではハイカーに限り開放されています。所要時間は徒歩往復40~50分。距離は片道約1.3km。(2018年6月現在)

ケアナカコイ・クレーター

ケアナカコイ・クレーター

現在のケアナカコイ火口の深さは、たったの35m。今でこそインパクトに欠けるかもしれませんが、1886年に調査をした時のクレーターの深さは今の約4倍、約120mもありました。

ハワイ語の " keanakako'i "には「手斧の洞穴」という意味があるそうです。その昔ハワイアン達は、この深いクレーターから固くキメの細かいガラス質の玄武岩を集めて、ナイフや槍、斧などを作っていました。だから keanakako'i 。なるほど。

ケアナカコイ・クレーター

しかし、その採石場は1877年の噴火により溶岩で埋まってしまいました。その後、下で紹介する1974年の割れ目噴火を含め、火山活動の影響により更にケアナカコイ火口の深さは浅くなってゆき、現在に至ります。

2006年9月

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME