山頂の夕陽 と プウ・ベキウ マウナ・ケア - 見どころ

山頂の夕陽

マウナケア 地図

マウナケア 地図

目次

スポンサードリンク

見どころ

マウナケアの夕陽 Mauna Kea Sunset

言わずと知れたマウナケアの一番の見どころ、山頂からの夕陽。写真を見てもらえば説明不要ですね!

2007年9月 その1

2007年9月 その1

2007年9月 その2

2007年9月 その2

2007年9月 その3

2007年9月 その3

夕陽が沈んだ後の透き通った藍色に心が洗われます。

2010年9月

2010年9月

この日は雲海以外の雲がありませんでした。大変贅沢な比較になりますが、雲が全く無いよりは、少しあった方が綺麗だね。ということが分かる一枚。

2011年9月

2011年9月

トワイライトフィルター使用。色鮮やかに撮っています。

2011年の旅行時のタイムラプス映像もどうぞ。マウナケア山頂の夕陽は 1:34 あたりから。ケックがクルっと動いているのがカワイイ。

2001年9月, 2003年9月, 2007年7月, 2010年9月, 2011年9月

スポンサードリンク

山頂の中の山頂(プウ・ベキウ) Mauna Kea Summit (Pu'u Wekiu)

マウナケアでは、夕陽ばかりを眺めてしまいますが、夕陽の反対側にも注目!こちらにも大事な見どころが。

それはマウナケアの一番高い場所。望遠鏡群より南東に位置する噴石丘のてっぺんが、山頂の中の山頂です。ここが標高4,205m。

マウナケアの山頂の中の山頂(プウ・ベキウ)

山頂の中の山頂(プウ・ベキウ)

マウナケアにはいくつものプウ(噴石丘)があるのですが、これもそのうちの一つ。Pu'u Wekiu(プウ・ベキウ)と呼ばれています。

山頂の祭壇

プウ・ベキウのてっぺんを、カメラの望遠を効かせて覗いてみました。ここには祭壇があります。この祭壇、訪れるたびに形が変わっています。強風で壊されてしまうのかもしれませんね。

山頂の祭壇(2003年9月)

2003年9月

山頂の祭壇(2007年7月)

2007年7月

山頂の祭壇(2010年9月)

2010年9月

山頂の祭壇(2017年7月)

2017年7月

ここにはベンチマークもあるとか。そんな話を聞いたら一度は行ってみたくなるのが人情ですが、基本的にツアー参加の方は行けません。

以前の夕陽のツアーでは登れた時期もありましたが、諸問題によって中止になったそうな。

マウナケアはハワイアンにとって、とても神聖な場所です。もし、個人で祭壇を訪れるのならば、敬意を払う気持ちを忘れずに。

2001年9月, 2003年9月, 2007年7月, 2010年9月, 2011年9月, 2017年7月

大気現象 Atmospheric phenomena

ビーナスベルト & 地球影

夕方、山頂の中の山頂(プウ・ベキウ)の方向に「地球影(ちきゅうえい)」や「ビーナスベルト」が見られます。

空のピンク色の帯がビーナスベルト。その下の濃い青色の部分が地球の影、地球影。

ビーナスベルトと地球影

ビーナスベルトと地球影

これらは、何処にいてもごく普通に見られる夕焼けと同レベルな現象。ですが、名称を知っているだけで、ちょっとだけ賢くなった気分になれるんじゃないでしょうか?(笑)

日本でも意識して空を眺めてみて。夕焼けや朝焼けしている時に、太陽と反対側の空に現れます。

マウナケアの影

雲海にはマウナケアの影が映ります。

マウナケアの影

マウナケアの影

これは高山に登らないとお目に掛かれません。マウナケアならではの見どころですね。

2001年9月, 2003年9月, 2007年7月, 2010年9月, 2011年9月

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME