マウナ・ロア - 基本情報 MAUNA LOA

マウナ・ロア

マウナ・ロア 地図

マウナ・ロア 地図

目次

スポンサードリンク

基本情報

マウナ・ロア Mauna Loa

ハワイ島地図

巨大な山

マウナ・ロアの標高は 4,169m。ハワイ諸島の中ではマウナ・ケアに次いで高い山です。マウナ・ケアは、4,205m。マウイ島のハレアカラは3,055m。

ハワイ語でマウナは「山」、ロアは「長い」。マウナケアの「白い山」に対して、マウナロアは「長い山」という意味です。

見た目もそのまま。体積が大きく斜面がとてもなだらかで図体がデカい。デカすぎです。ハワイで一番高いマウナケアとの高さの差は、たった30m程度なのに全然高い山に見えないのはそのせいです。「丘かな?」と思うレベル。

高さではマウナ・ケアに負けているマウナ・ロアですが、体積は何と世界でNo.1。富士山が100個余裕で入ってしまうそうですよ。また、意外ですが、マウナ・ロアはキラウエア火山のイメージが強いハワイ火山国立公園の一部でもあります。

キラウエア火山からマウナ・ロアを望む

キラウエア火山にて撮影

マウナ・ケア 3,300m 付近より

マウナ・ケア 3,300m 付近にて撮影

まるでプラネタリウム

2015年9月、マウナ・ロアの中腹で星空を眺めることができました。アロハ・ブリーズのToshiさんの車に乗せてもらって。

マウナ・ロアに伸びる細い道を登りました。おそらくオブザーバトリー・ロードかと思われます。辺りはとにかく暗い。他の車もいない。車のヘッドライトが暗闇に吸い込まれ、路面のほんの先しか見えません。自分たちだけでは色んな意味でコワくて絶対に来られない…。

昼間のオブザーバトリー・ロードの様子が YouTube にあったので貼っておきます↓(この道は舗装されているけど、レンタカーの走行は禁止されているはず。)

どこまで登ったのでしょうか。よく分かりませんが、車から降りると超寒いので標高はかなり高そう。

この日は月齢が悪く、天の川も月の方向に出ているため、星空観測の日としてはイマイチ。そこで月没の時間に合わせ、ここまでやってきました。時刻は23時ジャスト。月が地平線に吸い込まれると、うっすらとしていた天の川がクッキリと露わに。

何なんだこれ。プラネタリウムみたい!

天の川

天の川

マウナ・ロアよりマウナ・ケアを望む

マウナロアよりマウナケアを望む

どの方角にも邪魔するものがない360度の星空。こんな開放的な夜空に出会えるなんて。写真では絶対に伝えられない世界。

もしかして、マウナ・ケアより綺麗なのでは?とか思ったりして。天の川がベストの時期だったら、一体どうなってしまうのか!とにかく素晴らしい体験でした。Toshiさん、いつもいつも私達だけでは出来ない体験をさせて貰って本当に感謝です!

スポンサードリンク

マウナ・ロア観測所

マウナ・ロア観測所の一部

マウナ・ロア観測所の一部
By LCDR Eric Johnson, NOAA Corps.
(NOAA Photo Library: wea04094)
[CC BY 2.0 or Public domain],
via Wikimedia Commons

山の中腹、標高3,000メートルの地点にはアメリカ海洋大気庁(NOAA)の観測所、マウナ・ロア観測所があります。よくニュースで耳にする「二酸化炭素濃度」は、ここで測定しているそうです。ご存知でしたでしょうか?

マウナ・ロア観測所は、大気に関連するデータを1950年代から継続してモニターしています。現在問題となっている大気中の二酸化炭素濃度のデータをWEBサイトで確認する事ができるのですが、そこで見られるが綺麗な右肩上がりのグラフ。二酸化炭素は確実に増えています。2015年の増加は過去最大だったというニュースもありました。不安です…。

噴火活動

マウナ・ロアは 1843年以来、33回の噴火を起こしています。平均 5年に1回の割合ということになりますね。最後の噴火は1984年。それから 30年以上も経ってるので、いつ噴火してもおかしくない状態だというのですが…

30年前の噴火では、溶岩がヒロの町に向かって流れました。避難命令まで出たのですが、ヒロの郊外から4キロ手前で止まり、難を逃れたそうな。

溶岩の流れた跡は、グーグルマップを見るとよく分かります。また、この山がハンパない大きさという事もひしひしと感じられますよ…!

マウナ・ロアの山頂には巨大なカルデラ「モクアヴェオヴェオ」があります。2004年~2005年には、そのカルデラが凄い勢いで腫上がり、地震も度々起こったため「噴火の兆候アリ」として恐れられました。2008年までに噴火する確率は 95%という予測があった程。

時が経ち2016年6月現在、マウナ・ロアは噴火していません。代わりにキラウエア・カルデラ内のハレマウマウ火口が2008年3月に噴火。こちらにエネルギーが向かってしまったのでしょうか?

ナゾの施設

近くに軍の施設があるせいか、マウナ・ロアにはナゾの建造物が色々見つかります。特にレッドレグ・トレイル沿いは戦車が写っていたりして非日常的。眺めていても飽きません。

2016年6月更新

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME