プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 PU'UHONUA O HONAUNAU NATIONAL HISTORICAL PARK【3-1】トレイル

Pu'uhonua O Honaunau National Historical Park

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 地図

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 地図

目次

スポンサードリンク

トレイル

アラ・カハカイ・ナショナル・ヒストリック・トレイル(1871トレイル) Ala Kahakai National Historic Trail (1871 Trail)

アラハカ・ランプまでの往復:約30分(2.2km)

必需品:水・帽子

おすすめ度:

おつかれ度:

Google Maps

アラ・カハカイ・ナショナル・ヒストリック・トレイル(1871トレイル)

1871トレイル

※ 以前は、1871トレイルとして紹介していましたが、この道の正式名称は「アラ・カハカイ・ナショナル・ヒストリック・トレイル」となったようです。

駐車場からビジターセンターへ向かって右側は、この公園のメインエリアですが、反対側(左側)にある砂利道を少し歩くと 1871トレイルへ出ます。なお、ビジターセンター裏手にある道から行くことも可能。

一直線の道

19世紀に造られたままの状態で残されているという歴史あるこのトレイルは、気持ち良い程一直線にキイラエ・ビレッジに向かって伸びています。アップダウンが殆どなく非常に歩きやすい。実は、この公園内の私の一番のお気に入りはこのトレイルだったりします。

道中には、メインエリアと同じように記号がふってある場所があります。ちょっとした見どころなのですが、こちら側についての解説書は手に入らず、内容までは分かりませんでした。

ビジターセンターにですら、その解説書は1つしかないらしく、無料配布もしていません。興味のある方は、歩く前にビジターセンターに尋ねてみて下さい。解説書が空いていれば、借りることは可能です。(※2003年当時の情報なので今は??)

甘い香りが漂うノニの実

甘い香りが漂うノニの実

木陰が気持ち良い

木陰が気持ち良い

トレイルを歩いていると、ノニの木がたわわに白い実を付けているのが見えました。独特の甘ったるい香りが辺りにモワっと漂っています。ノニは臭いと言われていますが、こんなもん?強烈な不快感はありませんでした。

道中では、赤い鳥が飛んでいたりマングースが道を横切ったりと、野生の動物たちの姿を垣間見ることができます。

スタート地点から南へ向かって歩いて約15分、海沿いのトレイル(コースタル・トレイル)とぶつかりました。そこから更に南へと進むと、山側にも海側にも崖が見えてきます。海側の崖っぷちに立ち、しばし絶景を堪能。

海側の断崖

海側の断崖

アラハカ・パリ(山側の断崖)

アラハカ・パリ(山側の断崖)

アラハカ・ランプ

さらに先へ進むとアラハカ・ランプと呼ばれる石畳の坂道に辿り着きます。そしてアラハカ・ランプの脇に溶岩トンネルを発見!

アラハカ・ランプ(石畳の坂)

アラハカ・ランプ(石畳の坂)

溶岩トンネルを発見!

溶岩トンネルを発見


ワイウ・オ・ヒナ溶岩トンネル Waiu-O-Hina Lava Tube

2005年2月に崩落の危険があるということで閉鎖。(MORIちゃんからの情報です。)

全長 10~15m程度

Google Maps

ワイウ・オ・ヒナ溶岩トンネル

洞窟散策

溶岩トンネルと言えば、キラウエアの サーストン溶岩トンネル が有名ですが、1871トレイル沿いにも人が通れるラバチューブがありました。

サーストンと比べると、長さは非常に短く天井高も低い。一番低いところでは1m程でしょうか。注意していても頭を天井(しかもトゲトゲしている…!)に何度もぶつけてしまいました。痛いっ。しかし、だからこそ冒険心をくすぐられます。

天井には溶岩が滴り落ちた形跡が残されていました。トゲトゲしているこの溶岩は溶岩鍾乳石と呼ばれるものです。これはサーストンでは見られなかったので、なかなか貴重な体験でした。

トンネル内部を探検

トンネル内部を探検

天井の溶岩鍾乳石

天井の溶岩鍾乳石

海側の出口は崖っぷち

海側の出口は崖っぷち

ラバチューブからの眺め

ラバチューブからの眺め

懐中電灯が無くても大丈夫。奥へ進めば出口から光が漏れているので、それを頼りに進めば大丈夫。頭上には細心の注意を払って下さいね。なお、出口は海へと通じています。こんな洞窟から海を眺めるのも、これまた一興!

2003年9月

帰路

トンネルから戻った私達はアラハカ・ランプを登り切った崖の上で暫く休息を取り、ここで引き返しました。が、この道は更に南へと続いています。崖の上から10分ほど進むとゲートで行き止まりになってしまうようですが、その道のりもとても素晴らしいそうです。これは次回の課題となりました。

※ 上記の話は「Hiking Hawaii 私の歩いたハワイのトレイル」の管理人 masaさんによるものです。masaさんには、このトレイルの件で非常にお世話になりました。ありがとうございます。(現在、masaさんのサイトは繋がりません。)

なお帰路は、そのまま 1871トレイルを引き返してもよいですが、せっかくなので途中で分岐するコースタル・トレイルを辿ってみましょう!

2003年9月

コースタル・トレイル Coastal Trail

片道:約6分(0.5km)

必需品:水・帽子

おすすめ度:

おつかれ度:

Google Maps

コースタル・トレイル

※ 以前はトレイル名がなく「海沿いのトレイル」として紹介していましたが、現在「コースタル・トレイル」という名称を確認できました。

このトレイルは 1871トレイルよりも海側にあり、その道のりの殆どは海岸沿いを歩く事になります。景色も抜群。ビーチの散策程度の気持ちで気軽に楽しめるトレイルです。

アップダウンはありません。白い砂利道の脇にはヤシの木が立ち並び木陰も若干あるので、 1871トレイルよりも更に歩きやすいでしょう。

2003年9月
  • プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 / 関連ページ
  • 近隣の観光スポットなど
スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME