ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ(サドル・ロード)DANIEL K. INOUYE HIGHWAY (Saddle Road)【1-1】基本情報

Daniel K. Inouye Highway (Saddle Road)

サドル・ロード 地図

ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ(サドル・ロード) 地図

目次

スポンサードリンク

基本情報

ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ(サドル・ロード)Daniel K. Inouye Highway (Saddle Road)

ハワイ島地図

走りやすくなった!

ハワイ州道200号線。「サドルロード」として知られていたこの道は、2013年9月より「ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ」に改名されました。

コナ方面とヒロを結ぶべく、マウナケアとマウナロアに挟まれた荒涼とした高地に、延々と伸びています。全長は52.7マイル(84.8km)。

道沿いには店も町もガソリンスタンドもありません。ドライブの際は、ガソリンの残量にご注意下さい。トイレ休憩は、マウナケア州立公園でできます。

注意

2013年9月以降の新しくなったサドルロードは、ついつい飛ばしてしまいがち。警察のパトロールがキビシイという情報をネットでもよく見かけますので、捕まらないように!覆面パトカーにもご注意を。

雄大な景色

この道の良いところは、火山の島、ハワイ島ならではの雄大な景色。その昔、マウナロアから流れ出た溶岩が凄い!ポコポコ立ち並ぶプウ(噴石丘)が面白い!異世界が広がっています。太陽が燦々と輝く中、ドライブしたいですね。

2017年7月
ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ(サドル・ロード)

ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ(サドル・ロード)

プウ(噴石丘)が美しい

美しい景色

上空から眺めるとスゴイ!

上空から眺めるとスゴイ!

プウ(噴石丘)が良い味だしてます

プウ(噴石丘)が良い味だしてます

サドルロードのドライブラプス

マウナケアのオニヅカセンターからヒロのヒロ大神宮までのドライブラプス(タイムラプス)動画を作りました。サドルロードの様子も分かるので是非見て!

スポンサードリンク


天気と服装Weather Information

マウナケアとマウナロアに挟まれ、その裾野に沿って伸びるサドルロードは思いのほか標高が高い。ヒロ側は600メートル程度ですが、一番高い場所では2,000メートルを超えます。昼間でも涼しく、夜は確実に寒いのでご注意下さい。

天候は変わりやすく霧が出やすいといった特徴もあるので、夜間は走らない方が無難。ですが、そんな特徴のお陰で満月前後はムーンボー(月の虹)が見られる可能性が高かったりします。見ると幸せになると言われているムーンボー、一度は見たいですね!

2017年11月更新
サドル・ロード 今昔

ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイへと進化

変遷

2001年~

私が初めてサドルロードを通ったのは2001年のこと。マウナケア山頂ツアーに参加した時です。

この道はかなりの悪路でした。舗装はされているとはいえ、道の両端が崩れてボロボロになっている箇所が多々あります。そのため皆、中央寄りに走るのですが、これが怖い。

以前は、崩れかけていた道路の端

道の両端は崩れ気味(みや提供/2004年2月)

霧が出やすい

霧が出やすい

というのも、この道は場所によってはジェットコースターのようだと比喩される程、アップダウンが激しいのです。タイミングが悪いと、対向車が来ていることをお互いに確認できず、坂を登りきったところで正面衝突してしまう可能性がありました。そのうえ、霧が出やすいといった天候上の問題もあります。何かあった時に助けてくれる民家も店もない。

そのため、舗装されている道路にも拘わらず、レンタカーでは走行禁止(走る場合は無保険で)という、旅行者にとってはモヤモヤする道でもありました。心配性の我が家は、一度も運転したことがありません。

2010年
サドルロード 上空より

サドルロード 上空より(2010年9月)

「サドルロードが、だいぶ走りやすくなった。」という話をチラホラ聞くようになりました。数年前から整備され始めたためです。

そのお蔭か、走行OKとするレンタカー会社も出てきました。確認が取れたのはバジェットレンタカー。「昼間のみ走行可」という条件付きでした。(2010年8月時点)

2013年9月

長い工事がようやく終わり、サドルロードは2013年9月7日に新しく生まれ変わりました。名称も「ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ」に改名されています。

ルートも変更されました。コナ側、Mamalahoa Hwy(190号線)からの接続が、以前よりも南寄りになり、よりヒロまでの距離が短縮されています。ちなみに、旧道はそのまま残されており、どちらも通行可能。

アップダウンの軽減と距離の短縮、さらに走りやすくなったことで、以前と比べてコナからヒロ間の移動時間が15~20分も短くなりました。良いこと尽くめですね。

これに伴い、レンタカーの走行がほぼ解禁になりました。詳しくは、下の記事各レンタカー会社のサドルロード対応状況をご覧下さい。

2017年7月

名称が「ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ」に変わって数年。現地の友人に聞いた話では、この道は「サドルロード」の方がしっくりくる模様。新名称はあまり浸透していないそうです。長くて呼びにくいからでしょうね。

ダニエル・K(ケン)・イノウエ氏とは

ダニエル・ケン・イノウエ氏

ダニエル・ケン・イノウエ氏
By United States Congress (http://inouye.senate.gov/Home/Home.cfm) [Public domain], via Wikimedia Commons

ホノルル出身の日系人にしてアメリカ上院議員。新生サドルロードの誕生に多大な貢献をされた方です。残念ながら、彼は完成の前年に亡くなってしまいました。また、この道路の開通日は、彼の誕生日に合わせたものでした。

もともと「サドルロード」という名称には、「馬の鞍」のようにアップダウンのある道、という意味があります。もう、そんな名前はもう必要ないのですね。

2001年9月, 2003年9月, 2007年7月, 2010年9月, 2017年7月

各レンタカー会社のサドルロード対応状況

2016年10月現在(抜粋)

※以上は、日本の支店または代理店に電話で確認した内容です。現地では対応が異なる可能性もあります。また、情報が古くなり変更があるかもしれません。レンタカーを借りる際は、必ずご自身でご確認下さい。

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME