ビッグ・アイランド・スペクタキュラー(2010年9月) ブルー・ハワイアン・ヘリコプターズ

ビッグ・アイランド・スペクタキュラー(2010年9月)

ヘリコプターツアーのルート

ヘリコプターツアーのルート(2010年9月)

おおよそのルートです。(かなりアバウト)

目次

スポンサードリンク

オプショナルツアー

ビッグ・アイランド・スペクタキュラー(2010年9月)Big Island Spectacular (SEP 2010)

12:15 ワイコロア発 / 所要時間2時間

ガイド兼パイロット:Toshiさん

bluehawaiian.aloha-breeze.com

Google Maps

今回のリポートは、ブルー・ハワイアン・ヘリコプターズ(日本語デスク)に寄稿させて頂いております。詳細は下記のサイトにてご覧下さい。こちらの記事では写真を中心にご紹介したいと思います。

日本語デスク

大空へ

ヘリが飛び立ってすぐの場所。草木も生えない乾燥地帯。

草木も生えない乾燥地帯

大地はカラカラ

マウナ・ケアの山肌を流れる雲が良い雰囲気でした。

マウナ・ケアの麓

マウナ・ケアの麓

マウナ・ロアから流れ出た岩流の跡。真っ黒い溶岩の川が一際目立っています。

マウナ・ロアの溶岩流跡

マウナ・ロアの溶岩流跡

キラウエア・カルデラに差し掛かりました。大きすぎて上空からでも1枚の写真に納まりません。噴煙を吐いているのは、キラウエア・カルデラ内にあるハレマウマウ火口です。

キラウエア・カルデラ

キラウエア・カルデラ

長く伸びている道はチェーン・オブ・クレーターズ・ロード。手前にはパウアヒ・クレーター、奥にはヒイアカ・クレーターがぽっかりと口を開けています。奥に見える噴煙は、ハレマウマウ火口のもの。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードと火口群

このツアーのメインディッシュ、プウ・オオ火口。皆が期待する「火山」が見られる場所。2004年に訪れた時とは姿が異なっていました。火口の縁が脆そうなので、徐々にまた姿を変えていくのかも。

プウ・オオ火口

プウ・オオ火口

プウ・オオ火口の縁(奥側)に観測用の機材が並べられているのが分かりますか?火山学者の方々が設置しているそうです。何という危険なことを…。凄いの一言!

プウ・オオ火口の縁

火口の縁に並べられた観測用の機材

プウ・オオから流れ出た溶岩が海へ向かって流れている光景です。溶岩はラバ・チューブを形成して地中を流れているため、基本的に地表に赤い川は見られません。しかし、たまに赤い川を見られるアタリな日もあるそうです。

溶岩、海へ向かう

溶岩、海へと向かう

スカイライトからラバ・チューブ内が見えました。溶岩流が赤く光っています。

ラバ・チューブ内の溶岩流

スカイライトから覗ける赤色の溶岩

カラパナの森、ロイヤル・ガーデン。溶岩流に襲われ離れ小島のようになってしまいました。奇跡的に残っているのは、ジャックさんの赤い屋根のお家。2004年のヘリツアーの際に、降り立った思い出の場所でもあります。(2012年3月に、このお家は溶岩に飲まれてしまいました。)

ジャックさんの家

ジャックさんの赤い屋根のお家

溶岩流が海と交わる場所、オーシャンエントリー。ラバ・チューブ内を流れる溶岩流が、海へ到達することで激しく水蒸気が上がります。オーシャンエントリーは、いつもあるとは限りません。もしあるとしたら、何かしらのツアーに参加してでも見るべき!

オーシャンエントリーの水蒸気

オーシャンエントリーの水蒸気

溶岩は海まで到達して冷えて固まり、大地を創っていきます。ハワイ島は生きている。そんな様子が垣間見られる海岸線です。

海岸線と海

溶岩に覆われた海岸線と海

溶岩から離れてヒロの町へとやってました。

ヒロの街並み

ヒロの街並み

ヒロの街並みをもう一枚。公園の緑が美しいですね。

ヒロの街並み その2

ヒロの街並み その2

黒い雲が重くのしかかるワイピオ渓谷。「晴れていた方が綺麗。」地上から眺めた時はそう思います。しかし、上空からでは雨の方がいい。滝や緑が一層神秘的に見えるから。

ワイピオ渓谷

雨のワイピオ渓谷

ワイマヌ渓谷のラホメネ滝。高さ700mの断崖絶壁を滑り落ちています。

ワイマヌ渓谷のラホメネ滝

ワイマヌ渓谷のラホメネ滝

海岸線の切り立った崖にも滝が幾つか流れていました。

海岸線の切り立った断崖

海岸線の切り立った断崖

コハラ・マウンテンの山頂付近。砂漠気候と熱帯雨林気候の境界線があります。茶色のエリアが砂漠気候、緑色のエリアが熱帯雨林気候。確かに色が違います。両者が隣り合っているのは、世界でも稀とのこと。

砂漠気候と熱帯雨林気候の境界

砂漠気候と熱帯雨林気候の境目

雨が降ったあとは、やっぱりコレ。虹です。しかもダブルレインボー!

ダブルレインボー

ダブルレインボー!

コハラ・コースト上空にやってきました。建物はハプナ・ビーチ・プリンス・ホテルです。この海の美しさは、さすがハプナ!

ハプナ・ビーチ・プリンス・ホテル

ハプナ・ビーチ・プリンス・ホテルを上空より

写真は以上です。如何でしたでしょうか。この記事をまとめていたら、また乗りたくなってしまいましたよ。私は!

2010年9月

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME