溶岩ボートツアーLava Boat Tour【1-1】基本情報

Lava Boat Tour

目次

スポンサードリンク
基本情報

溶岩ボートツアーLava Boat Tour

溶岩ボートツアーに関する注意

2017年3月28日、USCG(アメリカ沿岸警備隊)がオーシャンエントリー周辺海域に安全地帯を設置しました。これにより、ツアーボートはオーシャンエントリーから300m以内の海域には入れなくなりました。

これは一時的な規制であり、期間は 2017年3月28日(正午)から2017年9月28日の間となっています。この間に溶岩ボートツアーへの参加を検討されている方はご注意下さい。

なお、今回は一時的な規制でありますが、恒久的な安全地帯の設置を検討している模様です。

参考サイト

【追記】現時点で下記4社のみ、オーシャンエントリーから300m以内の海域への進入許可を得ました。(2017年4月6日現在)

  1. Lava Ocean Tours
  2. Moku Nui Lava Tour
  3. Kalapana Cultural Tours
  4. Hawaiian Lava Boat Tours

上記ツアー会社ならば今まで通りのツアーを楽しむことができるでしょう。約1週間での緩和措置。今回の規制は、最近問題になっていた違法営業の溶岩ボートツアーを締め出すためという意味合いが強かったのかもしれません。

なお、今後も何かしらの変更がでるかもしれません。情報が古くなる可能性がありますので、必ずご自身で確認してツアーに参加して下さい。

参考サイト

2017年4月11日 更新

このツアーは、オーシャンエントリーが発生している時期のみ催行します。

ハワイ島地図

このツアーはオーシャンエントリーが発生していないと催行されません。そこんとこ重要!

オーシャンエントリーとは?

キラウエア火山(プウ・オオ火口)から流れ出た溶岩は、海に向かって移動しています。それが海に辿り着くと、海水と反応してジュワっと盛大に水蒸気を上げる。立ち昇る水蒸気は、かなり遠くからでも確認できる程。こういった、灼熱の溶岩が海に流れ込む場所のことをオーシャンエントリーと呼んでいます。

2005年9月のオーシャンエントリー

2005年9月のオーシャンエントリー

2010年9月のオーシャンエントリー

2010年9月(ヘリツアーにて)

オーシャンエントリーは、常に発生しているわけではありません。何年間も当たり前のように続いたこともありましたが、2012年12月の発生時は、たった8ヶ月で終わってしまいました。その後3年間、音沙汰ナシ。そしてやっと2016年7月に復活。これもいつまで続くか分からないところが正に自然現象です。(2016年7月現在)

オーシャンエントリーを間近で

溶岩ボートは、このオーシャンエントリーを間近で見学するツアーです。ハワイ島でもなかなか目にすることが出来ないドロドロ溶岩を、すぐ目の前で見ることができてしまう。溶岩の熱さを感じられるツアーなんて、なかなか無いので貴重です。

ツアー催行会社一覧(2017年4月現在)

  1. Lava Ocean Tours … $180~$250(時間帯による)
  2. Moku Nui Lava Tour … $195
  3. Kalapana Cultural Tours … $200(プライベートチャーター … $1200)
  4. Hawaiian Lava Boat Tours … $200(8~14歳 … $160)

オーシャンエントリーの有無の確認

これらのサイトをチェックしてみて下さい。

参考サイト

オススメの時間帯

一番波が穏やかと言われているのは早朝4:30のツアー。午後は波が荒く欠航になる可能性が高くなります。ということで早朝ツアーがオススメ。ただしデメリットがあります。

早朝ツアーのデメリット

  1. 早朝すぎる

    集合時間はツアー開始時刻の30~40分前。宿を出発する時間は、もはや夜中!

  2. 綺麗な写真は撮りづらい

    船で動き回るので、暗いうちはブレブレ写真を量産してしまうでしょう。空が白んできても、カメラの知識がないと綺麗な写真を撮るのは難しい。(スマホやコンパクトデジカメなどで撮るのなら、写真より動画をオススメします。)

  3. 当日発生のトラブルは対応不可能

    英語が堪能な方は催行会社に直接連絡できるかもしれませんが、そうではない方はご注意を。日本語対応の現地旅行代理店を通して予約した場合でも、当日トラブルが起きた際に対応してもらうことは不可能です。時間は真夜中。非常識過ぎる時間帯のため連絡できません。トラブルが心配な方は、早朝以外の時間帯を選ぶべし。

早朝ツアーのよくあるトラブル

一番多いのは、集合場所が分からないというもの。場所が分かりづらいうえ、街灯がないため辺りは真っ暗。そのため、集合場所に辿り着けないトラブルが多発しています。

誰かに電話して聞こうにも、そもそも自分のいる場所が説明できません。最悪、当日キャンセルになってしまいます。

このようなこともあり、現地旅行代理店アロハブリーズさんでは、現地集合の溶岩ボートの扱いを休止してしまいました。(コナからの送迎付きツアーは扱っています。)

そのくらい分かりづらい場所ということを念頭に催行時間を選んでみて下さい。自力で行く方は、スマホにオフラインで利用できる地図アプリを用意しておいた方が良いでしょう。グーグルマップのオフラインマップ機能が使えます。

さて、我が家はそんな早朝ツアーにがんばって参加してみました。つづきは次のページへ。

つづき

2017年1月更新
スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME