ボルケーノ・ビレッジ - 基本情報 VOLCANO VILLAGE

Volcano Village

ボルケーノビレッジ 地図

広域図

ボルケーノビレッジ 広域図

拡大図

ボルケーノビレッジ 拡大図

目次

スポンサードリンク

基本情報

ボルケーノ・ビレッジ Volcano Village

ハワイ島地図

キラウエア観光の拠点

ハワイ火山国立公園のすぐそば。キラウエア火山観光をする時の大事な拠点となります。

ただ拠点とはいっても、村には数軒のお店とレストラン、1軒のコインランドリー程度しかありません。スーパーはなく、食料品等の買い物は、小さなジェネラルストアに頼ることになります。

ジェネラルストアの一つ(ボルケーノ・ストア)

ジェネラルストアの一つ(ボルケーノ・ストア)

ジェネラルストアには、サンドイッチ等のパン類、飲料やスナックの他、ちょっとした日用品はありますが、その種類は少なく、あてにしすぎていると痛い目にあいます。このエリアに宿泊する方は、前もって大きなスーパーで買い溜めしておくとよいでしょう。

静かな村

ビレッジの中は、田舎の中の田舎といった独特な雰囲気。緑が多く、民家の庭には可憐な花が咲き、その瑞々しい姿に目を惹かれます。ハワイとは無縁そうな紫陽花が咲いているのも印象的。

陽花の花

紫陽花の花

オールド・ボルケーノ・ロード以外は昼間でもひっそりとしており、夜になると本当に真っ暗!怖いくらいの静けさです。

メインストリートのオールド・ボルケーノ・ロードを走っていると目を引く、キラウエア・ロッジ&レストラン。私は、この綺麗な緑の芝生と、その奥に佇むクリーム色の可愛らしい建物を見ると「ボルケーノ・ビレッジに来た!」と実感できます。

キラウエアロッジ&レストラン

キラウエアロッジ&レストラン

なお、オールド・ボルケーノ・ロード以外は昼間でもひっそりとしており、車を殆ど見掛けません。夜になると本当に真っ暗!怖いくらいの静けさです。

早起き必須のファーマーズマーケット!

日曜日の早朝、クーパーセンターで地元住民に人気のファーマーズ・マーケットが開催されます。品切れになるのが早いため、行くなら早い時間に。詳細は下記ページへ!

オススメのホイールケーキ(大判焼き)

オススメのホイールケーキ(大判焼き)

ハワイ島 観光ガイド

トイレはラバロックカフェへ

ボルケーノビレッジでトイレに行きたくなったら、ラバ・ロック・カフェへ。

ラバロックカフェの左側にあるトイレ

ラバロックカフェの左側

カフェ入口の左隣(屋外)にあります。鍵を借りることなく利用することができました。(2018年7月時点)

同エリアの3店舗(ラバ・ロック・カフェキラウエア・ジェネラル・ストアキラウエア・クリエイションズ)はオーナーさんが一緒。トイレを借りるなら、何かお買いものしてあげてくださいね!

参考サイト

スポンサードリンク


天気と服装Weather Information

キラウエア上空には厚い雲がかかっている事が多く、山なので天候は常に不安定。

ボルケーノビレッジの標高は1100m以上と高いので、基本的に涼しい気候です。キラウエア観光のついでに店に寄る程度なら半袖で構いませんが、天候によっては昼間でも思いのほか寒さを感じることがあるでしょう。

特に冬の夜は10℃を切ることが多々あり、非常に冷え込みます。夏でも最低気温は15℃前後。宿泊する場合はパーカーやトレーナーなどの長袖は必需品です。


ホテル / 宿泊施設Hotel

ビレッジ内ではありませんが、周辺のホテルとして、ハワイ火山国立公園内に建つボルケーノハウスがあります。(ボルケーノハウスの宿泊レポートは下記へ。)

ハワイ島 観光ガイド

これ以外はコンドミニアムもなく、B&Bやロッジが主流となっており、日本語が通じる宿もほとんどありません。

日本人が宿泊するには少しハードルが高いため「キラウエア観光をする時は、ヒロに泊まるのが便利」とガイドブックには記載されていることもしばしば。でも、せっかくならばボルケーノビレッジ泊をオススメしたいです。

参考サイト

冷房不要 暖房必須

前述した通り、朝晩はとても冷え込みます。ハワイなのにハワイらしからぬこの気候!本格的な暖炉が完備されている宿も珍しくありません。冷房は一切必要ないんです。

ロッジの暖炉

ロッジの暖炉

暖炉がなくとも暖房器具は必需品。暖房ナシで寝るとカゼを引く程です。この寒さはナメちゃダメ。

正直、一番困るのが暖房が暖炉のみの宿。使い方、分からないですよね。予約の際には、暖炉以外の暖房器具の有無を確認しておいた方が良いでしょう。

こんな一風変わったハワイ生活を味わえるのがボルケーノビレッジです。新しいハワイが発見できますよ!実際の宿泊リポートは下記をご覧ください。

ハワイ島 観光ガイド

2018年10月更新

次のページの内容はコレ!

スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME