どの会社を選べばいいの? ハワイ島でレンタカーに乗ろう!

ハワイ島でレンタカーに乗ろう!

目次

スポンサードリンク

車社会なのだ

期待できない公共交通機関

公共の交通機関があまり整っていないハワイ島。レンタカーがないと思うように動けません。買い出しすら難儀。

車さえあれば…!でも、海外で車の運転なんて無理!

しかし、ハワイ島は海外運転デビューするのには適した場所なんですよ。田舎だし、道も複雑ではないし。

というわけでレンタカーに挑戦してみよう。(ってエラそうに書いているけど、私はペーパーゆえ運転できません。すべて旦那さまがご担当。)

2016年10月更新
レンタカー Tips

ハワイ島のレンタカー会社

有名どころ

とりあえず有名どころを6社あげてみます。このうち、上の5社は一般的なレンタカー屋さん。ハーパーだけ特殊。

  1. ハーツレンタカー
  2. ダラーレンタカー
  3. バジェットレンタカー
  4. アラモレンタカー
  5. エイビスレンタカー
  6. ハーパー・カー&トラック・レンタル

さて、ここから選ぶのですが…迷いますよね。


ぶっちゃけ、どこがいいのよ?

結論から言うとハーツ、ダラー、アラモあたり。

ハーツ

一番のお気に入り。車両が綺麗だしハズレたことがない。一度だけですが、BOSEのスピーカーが使われている車両に当たったこともあり、何となくリッチなイメージ。

そしてハーツの一番の強みは他社にはないサービスがあること。料金は安くはありませんが、そのサービスを買っているものと思えば高くない。詳細は下記にて。

ハーツのココがスゴイ!

ダラー & アラモ

利用したことはありませんが、走行禁止道路の設定が若干甘いためオススメに入れました。また、私のハワイ島友達はダラーを利用している方が多いです。JALのマイルが貯まりやすいのだとか。

また、ハワイの2島以上でレンタカーを合計5日以上借りる場合は、ダラー一択でしょう。詳しくは下記で。

バジェット & エイビス

走行禁止道路の設定が渋いのがマイナスポイント。走行禁止道路については下のリンク先をご覧ください。

ハワイ島でレンタカーに乗ろう!

それ程走り回る予定がないのなら選択肢から外す必要はありません。エイビスは利用したことがないので分かりませんが、バジェットはハーツを使うまではお気に入りでした。経験上、車両が綺麗。カウンターもそれほど混んでいません。

【バジェットレンタカー】お得なキャンペーン満載!

ハーパー

マウナ・ケアを攻めるならココ!ハワイ島で唯一、マウナ・ケア山頂までの走行を許可しているレンタカー屋さん。とは言え安心はできません。何と免責が 5,000ドル(約50万円!)と聞きます。

WEBサイトにはその旨どころかレンタル料すら記載されておらず、詳細は不明。問い合わせ、予約とも英語のみ。敷居は高い…。

スポンサードリンク


ハーツのココがスゴイ!

ハーツを推す理由。それはシステムが革新的だから。

まずハーツGoldプラス・リワーズに入会します。以前は有料でしたが、今は無料のサービスになりました。

ハーツGoldプラス・リワーズのメンバーは、カウンターでの面倒な手続きが省略できてしまう!専用駐車場に直行して、電光掲示板で自分の名前と駐車場の番号を確認。あとは、ササッと車に乗り込んで出発。5分も掛からない。カウンターでの英語のやり取りが苦手な方にとっても、大変助かるサービスなんですよね。

ハーツの電光掲示板

旧サービス Hertz#1Club Gold 時代の電光掲示板

これは画期的!感動した!しかし注意点があります。

注意点

メンバーになって初めての利用時はカウンターでの手続きが必要。免許証やクレジットカードの登録をするのだとか。そのため、このシステムの恩恵を受けられるのは2回目から。

さらに、これらの登録は各国ごとで行われるため、登録されていない国での利用時には、やはりカウンターでの手続きが必要となります。

また、初回登録から時間が経っている場合は、免許証やクレジットカードの有効期限をハーツGoldプラス・リワーズのWEBサイトにて確認、更新しておくこと。

予約時は有効期限内でも、旅行当日は切れている場合があるので注意。古い情報のままではサービスが受けられません。(以上は、電話にて確認しました。)

参考サイト

優待価格にするために必要なこと

予約する時は「法人・会員優待番号(CDP)」や「プロモーションコード(PC)」を忘れずに入力しましょう。

法人・会員優待番号(CDP)は、航空会社のマイレージ会員やクレジットカード会員等の優待特典を受けるためのコード。プロモーションコード(PC)は、ハーツのキャンペーン情報から一番お得になると思えるコードを選んで入力します。

どちらも自動で優待価格になってくれればありがたいのですが、手動で行わなければなりません。プロモーションコードはハーツのサイトで確認できるので分かりやすいですが、CDP は自分で調べなければなりません。

とりあえず「ハーツレンタカー CDP 優待」で検索してみて下さい。これに、ご自身が会員になっている航空会社名やクレジットカード名などをプラスして再検索すれば、情報がより絞れるでしょう。適用できるものの中から一番おトクなものを選んで下さい。

我が家は、三井住友VISA「海外レンタカー優待サービス」のコード(10%割引)を利用しています。なお、ハーツGoldプラス・リワーズ会員に入会しておけば、CDPの設定を登録しておけるため、次回からは入力の手間が省けます。

2016年10月更新

価格比較サイトで選ぶ

価格から選ぶなら比較サイトを試してみてください。そのまま予約することも可能ですが、レンタカー会社の公式サイトで料金を計算してみて、どちらが安いか比べた方が良いかと思います。

参考サイト

  • ハワイ島でレンタカーに乗ろう!
スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME