ハワイで iPhone を使おう!ソフトバンク 基本編

iPhone

高額請求に注意

海外に行っても、日本にいる時と同じように使える携帯電話。便利ですよねー。

でも便利すぎるのが落とし穴。帰国後に届いた請求金額を見て真っ青!なんて事にならないよう、海外渡航者は、携帯電話の海外での設定の仕方を勉強しておかねばマズイ時代になりました。便利になったのか面倒が増えたのか?

空港に着いてから慌てないように、自分のためにもこのページを作成してみました。

iPhoneの設定について

iPhoneの設定についてのみ知りたい場合は下のリンクへ飛んで下さい。

ハワイでiPhoneを使おう

目次

スポンサードリンク
海外で利用するための基本知識

海外での通話

ソフトバンクとの契約の確認

海外で通話したい場合は、国際ローミングを利用することになります。これを利用するにはウェブ使用料(旧称:S!ベーシックパック)を支払っており、世界対応ケータイに申込みをしていることが条件。その両方が揃っていれば特になにもしなくてもOK。

基本、iPhone なら大丈夫。ただ、電話の契約時に「世界対応ケータイ」の申込を、あえて断っている可能性もあります。ご不明な場合はサポートに電話するかMy SoftBankでご確認を。

ソフトバンク携帯電話:157一般電話から:0800-919-0157 海外から:+81-92-687-0025

ソフトバンク公式サイト

滞在先での通話について

基本的な電話の掛け方については、割愛。下記ページをプリントしておいて下さいね。

ソフトバンク公式サイト

知っておきたいポイント

  1. 日本からのコールは普段通り

    日本から海外滞在中の iPhone に電話をして貰う場合には、いつもの番号のままでOK。

  2. 「+」ボタンの入力方法

    海外から日本に掛ける場合、(最初の0を除いた)電話番号の前に、国際識別番号の代用となる「+」と日本の国番号「81」を入力します。で、iPhone の「+」ボタンはどこに??少し悩みますが「0」長押しで入力できます。

  3. ハワイ内通話なのに国番号が必要な場合がある

    ハワイから同じハワイ内に電話を掛ける際、番号は間違えていないのに何故か繋がらない地域があります。例えば、ハワイ島(オアフ島以外の島)からオアフ島へ掛ける場合など。そんな時は、電話番号の前にアメリカの国番号「1」を追加してあげればOK。

海外での通話料金・通信料金

ハワイでの通信・通話料金

料金に関しては、地域によって異なります。使用機種によっても料金や利用できる回線が異なるようです。(めんどくさ…)

ソフトバンク公式サイト

ちなみにハワイで iPhone7 を利用した時の各種料金は下記の通り。

ソフトバンク公式サイト

上のリンク先の料金表をまとめると以下のようになります。

ハワイで AT&T、T-Mobile、Sprint回線を利用した場合(機種はiPhone7)

項目 料金
日本への通話 140円 / 1分
渡航先国内への通話 125円 / 1分
その他の国への通話 210円 / 1分
着信料(着信応答) 175円 / 1分注*1
SMS受信 無料
SMS送信 100円 / 1通 注*2
MMS送受信 100円 / 10KBまで。以降 5円 / 1KB
WEB・Eメール(i) 2円 / 1KB
WEB・Eメール(i) LTE利用時 4円 / 1KB

※ 基本的に3社横並びの料金設定。
※ Sprint は、アメリカ放題が適用されない場合の料金となります。
※ 2016年12月現在の情報です。

注*1:着信応答の罠

なにげに着信料がヒドイ。175円 / 1回じゃなくて、175円 / 1分ですから。気軽に電話に応答しないように。

特にアメリカでは、日本への通話料よりも日本からの着信料の方が高い。着信があった場合は、電話に出なければ着信料は掛からないので、こちらから掛け直すようにしましょう。可能なら、ホテルなどの無料 Wi-Fi スポットで LINE や Skype などの通話アプリを利用するべし。

※ 日本への通話料より日本からの着信料の方が高い地域はレア。ざっと見て、アメリカ以外は見当たりませんでした。アメリカでは、発信者と受信者の両者で通話料を負担する課金方式を採っているため、このような事象が起こるようです。

注*2:SMSの罠

基本、SMSは1通あたり最大 140バイト(全角70文字相当)まで送信可能。ただし、iPhone を含め、一部の携帯電話は 140バイト以上送信できてしまう。で、140バイト以上の文章を送信すると、分割送信となるそうな。

例えば、142バイト(全角71文字)の文章を送ったとしよう。すると、140バイト(70文字)で1通、2バイト(1文字)で1通、と分割されて合計2通となり 200円掛かってしまう計算になる。マジか!

※ SMSが分割送信されるのは、送信相手がソフトバンク携帯だけの時の模様。

全体的にかなり高額。しかし、自分で抑制できる通話はマシです。パケット通信に関してはそうはいきません。何もしていなくても、iPhone は勝手にパケット通信しちゃっていたりしますので。

気軽にWEBなんて見てはいけない

WEBを閲覧する時に 2円 / 1KB と言われても何のこっちゃですよね?

Yahoo!トップページ

Yahoo! トップページ

そこで確認のため、現在の Yahoo! のモバイル用トップページ「ニュース」欄を開いてみました。一番下までスクロールしてみたところ 302KB もある。つまり、海外でこの1ページを読み込んだとすると、それだけで 604円もかかるわけですよ。こわー。LTEで繋げちゃったりしたら、1,208円…?(ってホント??ぼったくりバーのようだ…。)

写メなんてもっての他ですね。パケット代、恐るべし!

そんなわけで、海外にスマートフォンを持って行く場合には、海外向けのサービスや料金体系、手持ちの携帯電話の機能の意味を理解して、しっかり設定してあげないとなりません。

特に、料金表のページの下の方に小さな文字でグチャーっと記載されている注意事項。あれは熟読して下さい。結構、重要なことが書かれています。

そんなわけで、次からが本題です。長くなるので別ページへ!

2016年12月更新
スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME