カララウ展望台 と プウ・オ・キラ展望台 / コケエ州立公園Kalalau Lookout & Pu'u O Kila Lookout / Koke'e State Park 【カウアイ探訪】

カララウ展望台&プウ・オ・キラ展望台

コケエ州立公園 地図

コケエ州立公園 地図

目次

スポンサードリンク

見どころ

カララウ展望台Kalalau Lookout

ナパリコーストの中でも一番大きな渓谷であるカララウ渓谷。渓谷の山肌は、長い年月を経て雨風に浸食され、鋭い切っ先のような襞(ひだ)が、幾重にも折り重なっています。そんなカララウ渓谷を望めるのがこの場所です。

カララウ展望台より

カララウ展望台

実は、2009年はこの展望台へ何度か寄ったのですが、霧で一度もその姿を拝むこと叶わず、3年後の2012年にやっと見ることが出来ました。

ただ、カララウ渓谷展望台は、周辺に生い茂っている木々が少々邪魔。次に紹介するプウオキラ展望台の景色は、もっともっと凄い。更に期待できますよ!

2009年9月, 2012年9月

プウ・オ・キラ展望台Pu'u O Kila Lookout

カララウ渓谷を望む展望台その2、プウオキラ展望台。圧巻です。

カウアイ島で絶対に外してはいけない場所の一つ。大変美しいカララウ渓谷の姿を望めます。

プウ・オ・キラ展望台より

プウ・オ・キラ展望台: 個人的に、カウアイ島の中で一番好きな景色。

邪魔なものは何もない。駐車場から歩いてすぐの場所で、この絶景!ここに勝る景色は、ハワイ州全体を見回しても、なかなかないのでは?

渓谷を眺めながら、お弁当を頬張るのも良いですね。さっと寄ってすぐ帰ってしまうには、あまりにも勿体ない。

ただカララウ展望台も含め、この辺りは雨が降りやすく、霧が掛かり景色が全く望めないこともあります。でも、諦めずじっと待ってみて下さい。30分もすれば、状況が変わることは多々あります。

霧の渓谷

霧が出ていたら、じっと待つべし

展望台からは、渓谷の尾根に沿って赤土の道、ピヘア・トレイルが伸びています。時間に余裕があれば、展望台周辺だけでも構わないので、トレイルを散策してみて下さい。少し歩いた先ならば観光客も減ってくるので、落ち着いて風景を楽しむことができます。

ピヘア・トレイル

ピヘア・トレイル

ピヘア・トレイルを歩く

崖っぷちを歩いてみよう!

なお、崖っぷちには柵は一切ありません。落ちたら一体何処まで転がってしまうのか…?実際に亡くなった方もいらっしゃるようです。手向けられた花と可愛らしいぬいぐるを見掛けました。

やんちゃ盛りで目の離せない小さなお子さん連れの方は、この場所は避けるべきかもしれません。もし訪れる際は、絶対に手を離さないようにして下さい。

2009年9月, 2012年9月
スポンサードリンク
ハワイ本をチェック!
HOME